スポンサーリンク

「ブラウジング」と「ネットサーフィン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブラウジング」と「ネットサーフィン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ブラウジング」「ネットサーフィン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ブラウジング」とは?

「ブラウジング」には、“blousing”と書いた場合と“browsing”と書いた場合の意味があります。

“blousing”とすると、ブラウスやシャツなどを、紐や太いベルトなどで締めて、ウエスト上部をふくらんだ感じにすることです。

「ブラジングワンピース」の場合だと、ウエストのあたりにギャザーがよっていたり、ベルトで締められていたりして、その上がふくらんだ感じになっています。

ウエストをベルトで締めたデザインの衣服は他にもありますが、それらと「ブラウンジング」の違いは、ウエスト上部にふくらみがあるかどうかです。

ウエストの部分をベルトなどでしめて、その上部をふくらませることで、よりウエストの細さが強調されます。

“browsing”とすると情報を閲覧することという意味になります。

とくに、ブラウザーを使ってインターネット上の情報を閲覧することをいいます。

ブラウザーとは、インターネット上で公開されている文書や画像などを閲覧するためのソフトのことです。

「ブラウジング」の使い方

衣服のことを指す場合は、ファッション業界で主に使われています。

また、こういったデザインの服を欲しい人、持っている人なども使用します。

それ以外の場合は、インターネット上の情報を閲覧する意味で使用されます。

「ネットサーフィン」とは?

インターネット上のウエブサイトを検索したり、リンクをたどったりして、次々とさまざまなウエブサイトを閲覧して回ることです。

仕事で行う場合も、趣味や暇つぶしで行う場合もいいます。

インターネット上のウェブページには、リンクが貼られていることがあります。

リンクには、つなぐこと、連鎖という意味があります。

リンクをクリックすると、そのページに移動をします。

そして、そのページにもリンクが貼ってあることがあります。

そこをクリックすると、そのページに移動をします。

このように次々とウエブサイトを閲覧して回ることを意味する言葉です。

「ネットサーフィン」の使い方

インターネットに関する言葉です。

ウエブサイトを次々と見て回ることを指して使用します。

「ブラウジング」と「ネットサーフィン」の違い

インターネットに関する意味が似ていますが、同じことではありません。

前者は閲覧をすることです。

1つのページだけを見る場合もいいます。

後者は閲覧して回ることです。

回るという意味が含まれているか、いないかという点が違います。

「ブラウジング」の例文

・『ブラウジングした服で体型を隠す』
・『ブラウジングにスマホを利用する』

「ネットサーフィン」の例文

・『3時間もネットサーフィンをしてしまった』
・『ネットサーフィンが趣味』

まとめ

インターネットに関する言葉である点が似ていますが、同じことではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典