「ブラウン管テレビ」と「液晶テレビ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブラウン管テレビ」と「液晶テレビ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ブラウン管テレビ」「液晶テレビ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ブラウン管テレビ」とは?

「ブラウン管テレビ」とは、「蛍光体に照射して発光させた電子ビームを偏向することで図像を表示するブラウン管を使った旧世代(2000年前後まで)のテレビ」のことです。

「ブラウン管テレビ」は、管全体を走査線(ラスタ)という固定パターンでスキャンしながら、映像信号の輝度に従って電子ビームの強さを変化させることで、テレビの画像を映し出します。

「ブラウン管テレビ」は、本体が厚みがあって大きく消費電力も多いという特徴があります。

「液晶テレビ」とは?

「液晶テレビ」とは、「画像の表示部分に液晶ディスプレイ(LCD)を使用した薄型テレビ」のことです。

「液晶テレビ」に用いられる「液晶(LCD)」とは「液体の流動性と結晶の規則性を併せ持つ物質」で、電圧をかけて分子の向きを変化させることで、液晶から透ける光の波長を制御しています。

「液晶テレビ」は、本体が薄くて軽量であり消費電力も小さいという特徴があります。

「ブラウン管テレビ」と「液晶テレビ」の違い!

「ブラウン管テレビ」「液晶テレビ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ブラウン管テレビ」「液晶テレビ」も放送局からの電波を受信してテレビ映像を映し出す機器という点では同じですが、「液晶テレビ」のほうが「ブラウン管テレビ」よりも後で発売された新しい形式のテレビである違いがあります。

「ブラウン管テレビ」では「電子ビームを偏向させる真空管」を利用していますが、「液晶テレビ」では「液体と固体(結晶)の両方の性質を持つ液晶」を利用している違いもあります。

また「ブラウン管テレビ」には「本体が厚みがあって大きい・重量が重い・磁石や静止画に弱い・消費電力が大きい」という特徴があり、「液晶テレビ」のほうは「本体が薄型で軽量・動画にやや弱い(残像が残ることがある)・消費電力が小さい」という特徴がある違いを指摘できます。

まとめ

「ブラウン管テレビ」「液晶テレビ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ブラウン管テレビ」とは「電子ビームを蛍光体に照射して偏向させる真空管を使った、本体に厚み・重さのある旧型のテレビ」を意味していて、「液晶テレビ」「液体と結晶の両方の性質を持つ液晶(LCD)を使った薄型・軽量の新しい形式のテレビ」を意味している違いがあります。

「ブラウン管テレビ」「液晶テレビ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典