スポンサーリンク

「ブラック企業フラグ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブラック企業フラグ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ブラック企業であると予見させる文言など「ブラック企業フラグ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ブラック企業フラグ」とは?意味

ブラック企業は従業員を過労死させかねない過酷な環境で働かせる、給料が安いまたは搾取が有る、パワハラが横行しているなどを始めとした労働者を人と思っていないかのような企業という意味でフラグという言葉は、旗という言葉から派生し、フラグが出たらこのあと特定の展開や状況になるという意味合いを持っています。

そのため、ブラック企業フラグという言葉はブラック企業であるとわかる兆候、傾向が見えているということになります。

「ブラック企業フラグ」の概要

ブラック企業フラグは求人票の段階からあり、有名なのが「元気で明るい職場」「やる気重視」などで、「どんどん給料が上がっていきます」というケースも場合によっては非常に早い段階で管理職などにさせられてしまい、過重な労働をさせられるという可能性があります。

給料の幅が非常に広いタイプ、さらに最低限が安いタイプは非常に注意が必要です。

また、休日カレンダーが独自過ぎる会社も要注意な場合があります。

ブラック企業であるということは人によって判断軸は様々ですが、社名や社是からでもブラック企業フラグを判断できる人もいます。

派遣会社であれば相手先企業のことをよく知らない、退職における独自の罰金制度があるなどはブラック企業である可能性が出てきます。

パワハラに関しては予見をするのがかなり難しく、会社の評判を見るホームページなどで判断するしかないと言えるでしょう。

「ブラック企業フラグ」の言葉の使い方や使われ方

「求人広告の時点でブラック企業フラグが立ち始めている」「求人があまりに少ないのでブラック企業フラグが立っていても応募せざるを得ない」「勤めていないのに労働基準監督署に報告したくなるほどのブラック企業フラグ」などの使い方があり、入社する前の時点からよく使われる言葉で、入社一週間あたりまではブラック企業フラグと言えますが、それ以降はブラック企業だと思ってしまうケースに発展すると言えるでしょう。

「ブラック企業フラグ」の類語や言いかえ

ほぼ同じ意味である「ブラックフラグ」が言い換えとしては最も使いやすく、ブラック企業という言葉を使わない言い換えであれば「ヤバい会社であるかの判断」「社員を大切にしなさそうな会社」「見るからに過重労働をさせていそうな会社」などという言い方で言い換えが出来ます。

フラグという言葉がつくため、決定している意味ではなく、ブラック企業であるでろうという意味合いの言葉になります。

まとめ

ブラック企業フラグはブラック企業に勤めないための警鐘と言えるもので、調べて知識にすることは新たに会社に勤める際に悪いことではないでしょう。

会社側はブラック企業フラグに対してはあまり敏感ではないと言えるため、うまく隠している会社は少ないと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典