「ブラフ」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ブラフ」とは

最近はカタカナ用語を使う人も増えました。

そのような中でブラフという言葉を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

ブラフには主に2つの意味があり、お人好しや率直、絶壁、という意味を表すことがあります。

しかし一般的にはハッタリ、こけおどしを指すことが多いです。

「ブラフ」の意味

ブラフという言葉は英語の“bluff”から来ており、ハッタリをかます、という意味で使われることが多いです。

何か言われたときに売り言葉と買い言葉のように反応する状態を指しており、相手を威嚇するために強気な態度をとること、を意味しています。

例えば、ポーカーでは自分の手札が弱かったとしても、相手を威圧するような態度を見せなければいけません。

これをハッタリといい、ブラフというのです。

「ブラフ」の言葉の使い方

ブラフという言葉は「ブラフをかます」といった表現で使われることが多く、実は最近まではあまり使われていませんでした。

ハッタリという表現が日本語に存在するため、英語のグラフという言葉があまり浸透しなかったとも言えるでしょう。

しかし最近では比較的普通に使われるようになり、政治用語としても使われるようになりました。

「ブラフ」の例文や短文

それならば、ブラフという言葉は実際にどのように使われているのでしょうか。

ここではブラフという表現の例文を紹介します。

「ブラフ」の例文1

「トランプの公約はどうせブラフだろう」

アメリカ合衆国大統領の選挙が行われていた時は、激しい公約のバトルが繰り広げられましたね。

そんな時、今までとは全然違った公約を繰り広げたドナルドトランプは大きな注目を浴びました。

今でこそトランプが大統領ですが、選挙戦のときには「ドナルドトランプの公約はどうせブラフだろう」と思っていた人も多かったのではないでしょうか。

政治学者などもこのように発言していました。

発言がブラフだったのかどうか、それは大統領になってからわかることだといえます。

「ブラフ」の例文2

「ポーカーでブラフをかけたため、勝利することができた」

ポーカーというゲームでは相手を休することが非常に大切です。

ポーカーフェイスという言葉もありますが、相手に自分の手札が分からないようにしておかなければいけません。

たとえ自分の手札が弱かったとしても、相手をうまく威圧することによって勝つことも可能なのです。

だからこそ、ポーカーで上手にブラフをかけることができると勝つことができます。

ポーカーはギャンブルでも使われていますが、多くのお金をかけて上手にブラフをかけ、処理することができれば、一儲けできるとも言えます。

「ブラフ」の例文3

「プレゼンテーションではブラフも大切だよ」

最近では学校でも職場でもプレゼンテーションをしなければいけないことがたくさんあります。

プレゼンテーションをすればあちこちから質問を浴びますよね。

しかし、このような質問にどのように答えるかということも重要です。

質問を受けたら必要によってブラフをかまして、自分の主張には根拠があるということを見せつける必要があるのです。

特にプロジェクト等においては弱みを見せてしまうと成功しなくなってしまいますから、あらゆる質問にも強気で答えることが必要になります。

「ブラフ」の例文4

「ブラフというのは策略的な意味なんだよ」

ブラフをかけるという表現は自分を大きく見せる、空威張りをする、という意味合いを持っており、人を騙す、話に輪をかけて相手を誘導する、などといった策略的な意味合いを含んでいます。

自分を大きく見せつけるという意図を含んでいるため、嘘とも違います。

嘘というのはあくまでも嘘そのものを指すことが多く、ブラフというのは自分の表情や雰囲気、話し方、相手を騙すことなど、策略に関係する一連の動作を指しているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典