スポンサーリンク

「ブリリアント」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブリリアント」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カタカナ言葉の中には、見当がつかないフレーズもあります。

この記事では、「ブリリアント」の意味を分かりやすく説明していきます。

語句に込められたメッセージを、しっとりと読み解いていきましょう。

スポンサーリンク

「ブリリアント」とは?意味

ブリリアントとは、輝かしいこと。

華やかで眩しいものです。

これ以上を見つけるのが難しいくらい、素晴らしいものを褒めるときの言葉です。

ブリリアントと聞いて、思い浮かぶのが宝石です。

ダイヤモンドが最も美しく見えるようにカットしたものを「ブリリアント」もしくは「ブリリアントカット」と呼んでいます。

花のつぼみが開いていくような美しい形状をしていて、まばゆい光を閉じ込めた技法になっています。

どこの面から見ても、さんさんと光がはいり込み、ため息がこぼれるような眩さです。

さらに「ブリリアント」には「最高の・めざましい・この上ない」という意味があります。

これより上を見つけるのが難しいくらい、ナンバーワンなものが「ブリリアント」です。

「ブリリアント」の概要

ブリリアントは英語の「brilliant」から生まれた言葉です。

海外では光り輝く美しいジュエリーを見たとき、ディテールが美しい商品を見たとき、華やかな人や物に出会ったときに「ブリリアント」といいます。

キレイな景色を見たり、感動を覚えるようなシーンを目撃したりすると「この思いを誰かに伝えたい」と気持ちが高ぶります。

そんなシーンに相応しいのが「ブリリアント」

最高の映画を観てジーンとしたとき、幸せな気持ちを誰かにおすそ分けしたいときに使います。

幸福感が感じられるフレーズです。

「ブリリアント」の言葉の使い方や使われ方

「ブリリアント」の使い方をチェックしていきましょう。

・婚約指輪にブリリアントのダイヤモンドを選んだ。

・ゆっくりと紅茶を飲んで、ブリリアントな休日を過ごした。

「もう金曜日。ブリリアントな週末を過ごしてね!」

ブリリアントは「ブリリアントカットのダイヤモンド」に使うほか「最高な」「より良い」の形容詞の代わりに用います。

「素晴らしい休日をお迎えください」だと、よそよそしく思えますが「ブリリアントな休日を」なら、気軽に友だちに使えそうです。

「ブリリアント」の類語や言いかえ

ブリリアントの言いかえには、次のような単語があります。

・理想的な
・最高の
・ハッピーな
・素晴らしい
・輝かしい
どれも胸がキュンとするような、心が弾むような言葉ばかりです。

雰囲気としては「ベター」よりも「ベスト」に近いのがブリリアント。

他に比べようもない、素晴らしいものです。

まとめ

「ブリリアント」の意味や類語などをチェックしました。

「ブリリアント」とは、華やかで美しいこと。

「最高」「より良い」という意味もあります。

また魅力的に見えるようにカッティングされたダイヤモンドを「ブリリアント」と呼んでいます。

充実した時間を過ごしたとき、幸せな気持ちを誰かに届けたいときに拝借したい、うれしい言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典