スポンサーリンク

「ブロイラー」と「地鶏」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブロイラー」と「地鶏」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ブロイラー」「地鶏」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ブロイラー」とは?

「ブロイラー」は食肉用の若鳥のことです。

養鶏の雛をほとんど運動させず、配合飼料を与えて40日から70日ほど飼育したものを指します。

「ブロイラー」には、肉をあぶり焼きにする器具という意味もあります。

食肉用の「ブロイラー」は、あぶり焼きに適しています。

日本では1平方メートルあたり16羽ほどで飼育されており、過密状態でほとんど身動きできません。

「ブロイラー」の約30%は歩行困難で、100羽に1羽は心臓疾患で死亡するとイギリスの研究が報告しています。

「地鶏」とは?

「地鶏」には、その地方で品種化された鶏という意味があります。

日本農林規格(JAS)では「地鶏」の基準を設けており、在来種由来血液百分率が50%以上、飼育方法は平飼、飼育期間がふ化日から80日以上、1平方メートルあたりの飼育数は10羽以下など決められています。

会津地鶏、名古屋コーチン、軍鶏などの種類があります。

「ブロイラー」と「地鶏」の違い

「ブロイラー」「地鶏」の違いを、分かりやすく解説します。

「ブロイラー」は、過密状態で短期間で飼育された食肉用の鶏のことです。

「地鶏」はその地方で品種化された鶏のことで、日本農林規格(JAS)では「地鶏」の定義が決められています。

まとめ

どちらも食肉用の鶏ですが、「ブロイラー」「地鶏」は飼育方法や品種が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典