スポンサーリンク

「プリシタ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プリシタ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プリシタ」の使い方や例文、意味について説明していきます。

スポンサーリンク

「プリシタ」とは?

「プリシタ」とは、配偶者がいるにもかかわらず、不倫した人を指す言葉です。

夫がいるのに妻が異性に心奪われて恋愛感情を持ち、肉体関係にまでなった人物に対して言い表す言葉であり、「不倫した」「プリシタ」と言い表した造語になります。

結婚や恋愛を取り上げたコミュニティで使われている言葉であり、「不倫した」と露骨に書くのではなく、少しオブラードに包み込み、やわらげる意味で「プリシタ」と書くわけです。

「プリシタ」の概要

匿名で相談できる5ちゃんねるやSNSでは、不倫した人が同じような体験した人に今後どうしたらいいか相談して、対処法をアドバイスしてもらう悩みが多く寄せられています。

そのような相談に対して、どのように対処したらいいのか自ら不倫した体験を持つ人が相談にのるときなどに「プリシタ」を取り上げて、やり取りするわけです。

気軽に相談できますが、法律上にも関わることであり、慰謝料や離婚問題など深刻な悩みであるため誰かに聞いて欲しいと相談者は思います。

「不倫した」と露骨に書いては悩みを打ち明けにくいこともあり、「プリシタ」と少し言葉を和らげてやり取りするときに使います。

類義語には、不倫を「プリン」、夫の不倫相手が独身女性であれば「毒プリ」、独身男性なら「毒彼」、既婚女性なら「鬼プリ」、既婚男性は「鬼男」と言います。

「プリシタ」の言葉の使い方や使われ方

主に不倫した人の行為に対して「プリシタ」と言い、残念な気持ちを表します。

社会的にもいけないこととされている行為なだけに、電子掲示板の結婚や恋愛向けの板などでは少し遠まわしにして相手と不倫した話するときに使う言葉でもあります。

自分が不倫したときに悩みを相談するときは「私、プリシタの」と切り出し、相手にどうしたらいいか伝えるときに使います。

反対に、相手から不倫の相談されたときは「旦那がプリシタて腹立つ」と悩みを打ち明けられるときに電子掲示板に書き込みます。

他にも「プリシタは職場で働きにくくないのか」と討論してみたり、不倫カップルが行くことで話題になっている駅は「プリシタの降りてくる駅」と掲示板でたびたび取り上げられています。

「プリシタ」を使った例文

・『プリシタ夫の気持ちは何年経ってもいまだに理解不能だ』
・『プリシタは頭が悪くて嫌になる』
・『プリシタの夫に腹立つけど離婚する気持ちになれないのが悔しい』
不倫した夫の気持ちを何度考えても理解できない妻は多く、何年経ってもいまだにその理由が分からない人もいます。

社会的にも不倫は悪いことであるのに、やってしまった人は本当に頭が悪く見えてしまい、残念だと感じて嫌いになることもありますが、いくら腹が立ったとしても、愛する人であるため離婚できないで悩む人もいるのです。

まとめ

世間的にはおおやけにできない不倫の話をSNSや電子掲示板であえて人に伝えて、自分の胸の中にあるもやもやを発散するとき「プリシタ」と伝えて相談し、的確なアドバイスを貰ったり、人の悩みにのってあげるときに使われている言葉です。

匿名でやり取りできるインターネット上で不倫の話を取り上げるときさりげなく使ってみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典