スポンサーリンク

「プレスコ」の英語とは?例文も含め、日本語と英語を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プレスコ」の英語とは?英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プレスコ」の日本語の解釈や英語の使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「プレスコ」の意味から取り上げていきましょう。

スポンサーリンク

「プレスコ」の日本語での解釈

最初に「プレスコ」の日本語での解釈を書いていきます。

「プレスコ」は日本語の解釈では、基本的に収録方法を指している言葉となります。

その収録方法というのが、音楽や歌などを先に撮り、その後から映像をつけていくというものを指します。

「プレスコ」の英語とは?

次は「プレスコ」の英語を取り上げます。

「プレスコ」を英語にすると、「Presco」となります。

「Presco」は、日本語の解釈と同じ意味です。

基本的に、欧米は「Presco」の収録方法が殆んどとなります。

「Presco」の使い方

ここでは「Presco」の使い方を書きます。

「Presco」を使うときは、収録する際に、歌や音、セリフなどを最初に撮ってしまってから、その後に映像を付けていくという収録方法を指すときに使います。

「Presco」の使い方 ・「I said that today’s site will be recorded at Presco, so I will prepare immediately」(今日の現場はプレスコで収録すると言っておりましたので、早速準備します)

「プレスコ」を使った英語の例文

この項目においては、「プレスコ」を使った英語の例文を書いていきます。

・『It seems that “Presco” recording is the mainstream in Western countries, so it is better to refer to the Western method in Japan as well. 』(欧米諸国では「プレスコ」収録が主流となっているらしいので、日本も欧米のやり方を参考にした方がいいでしょう)
・『I heard from the director that the site will proceed at “Presco” today. 』(今日は「プレスコ」で現場が進行するということを、監督から聞きました)
・『“Presco” recording will be accompanied by images etc. later』(「プレスコ」収録は、後から映像などが付けられます)
・『It seems that recording with Presco may cut the budget. 』(プレスコで収録することで、予算が削られる可能性があるらしいです)
・『Presco method seems to have good and bad cospa』(プレスコ方式は、コスパがいいときと悪いときがあるらしいです)

まとめ

まとめとして「プレスコ」は、音楽や歌を最初に撮ったあとで、映像などをつけていく収録方法を指しております。

尚、英語では「Presco」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典