スポンサーリンク

「プレッシャー」と「緊張」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プレッシャー」と「緊張」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プレッシャー」「緊張」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「プレッシャー」とは?

「プレッシャー」の意味は以下の通りです。

1つ目は「圧力」「押さえること」という意味で、あるものを強い力で押さえつけることを言います。

元は英語の「pressure」で、「圧力」「切迫」「強制」「緊急」「切迫」「困難」などの意味で使われます。

2つ目は「人に強制すること」という意味で、何らかの行動をする様に無理やりさせることを言います。

3つ目は「精神的圧迫」という意味で、何らかの強い命令や脅しなどを与えて、相手の意識を支配して不安な状態にさせることを言います。

上記に共通するのは「強く圧迫する」という意味です。

「プレッシャー」の使い方

「プレッシャー」「押さえること」「人に強制すること」「精神的圧迫」という意味で使われます。

名詞として使われ、「プレッシャーを与える・与えた」「プレッシャーをかける・かけた」などと使われることが多く、受身形でも使われます。

基本的に、物や人の精神に強い力を加えて、形を変えようとしたり、不安定な状態に陥れる時に使われる言葉です。

「緊張」とは?

「緊張」の意味は以下の通りです。

1つ目は「慣れない状況にあって心身が引き締まること」という意味で、精神的に張りつめて、身体の筋肉が固くなったり震えたりする様子を言います。

2つ目は「相手といつ争いが起きてもおかしくない状態になること」という意味で、相手との関係が悪化して危険な状態になることを言います。

3つ目は「筋肉や腱が収縮状態にあること」という意味で、生理学用語として使われます。

4つ目は「これから起きることを待つ心の状態」という意味で、心理学用語として使われます。

上記に共通するのは「引き締まっている状態」という意味です。

「緊張」の使い方

「緊張」「慣れない状況にあって心身が引き締まること」「相手といつ争いが起きてもおかしくない状態になること」「筋肉や腱が収縮状態にあること」「これから起きることを待つ心の状態」という意味で使われます。

名詞として使われ、「緊張する・した」と助動詞を伴って使われます。

基本的に、何らかのきっかけにより、一時的に物や雰囲気が引き締まり、これから起きることに対して気構える時に使われる言葉です。

「プレッシャー」と「緊張」の違い

「プレッシャー」「物や相手に強い力や圧迫を与えること」という意味です。

「緊張」「物や雰囲気が引き締まり、次に起きることに備える状態」という意味です。

「プレッシャー」の例文

・『彼は上司から多大なプレッシャーをかけられて萎縮してしまった』
・『彼は強そうな相手からのプレッシャーに弱いタイプだ』
・『彼女な見事にプレッシャーをはねのけて優勝した』
・『あまりプレッシャーをかけない様にそっとしておこう』

「緊張」の例文

・『待ち時間にストレッチして緊張をほぐした』
・『面接控室では皆緊張した面持ちで座っていた』
・『隣国との緊張がいよいよ高まってきた』
・『今回のプレゼンでは意外に緊張しなかった』

まとめ

今回は「プレッシャー」「緊張」について紹介しました。

「プレッシャー」「力や圧力を加える」「緊張」「張り詰めてかたくなる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典