スポンサーリンク

「プレ大会」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プレ大会」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プレ大会」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「プレ大会」とは?意味

スポーツなど競技性のあるものを中心に正式な大会の前に行う大会で、オリンピックの前に同じ会場で行われるテストイベント(プレオリンピック)や国際競技会などがプレ大会にあたります。

プレ大会でも記録は国際記録として認定される大会も行われていますが、注目度が低いことは確かでしょう。

プレオリンピックに関してはほとんどの競技が行われましたが、必ずしもオリンピック出場選手が出場したわけではありません。

ロボットの国際大会World Robot Summitは2018がプレ大会、2020が本大会にあたります。

(開催は東京オリンピック同様2021年) ただし、2018出会っても賞金が用意されるなど大きな大会でその時点での最新技術を投入するのにふさわしい大会です。

予備校の試験などでも大きな試験の前にプレ試験というものがあるケースが有り、会場などは同じなため、プレ大会と近い方向性にあるといえるでしょう。

プレ大会には大会運営の実証テストという意味合いがあり、その土地、スタジアムで競技が安全に運営できるかのリハーサルとしての役割を持っています。

特に運営サイドにとっての意義が大きいと言えるでしょう。

「プレ大会」の概要

プレ大会はプレ大会の意図は持っているものの直接的にプレ大会を名乗っているものはそう多くなく、2017年まで開催されていたサッカーのFIFAコンフェデレーションズカップもワールドカップのプレ大会とされています。

プレ大会は競技性があるものに対して行われる事が多く、大きなイベントである東京モーターショーなどはプレ大会というような自動車の展示ショーは直接的に行われていません。

逆に東京モーターショーでは展示車の多くが名古屋や大阪でのショーにて展示されるシステムがあります。

サミットも非常に重要な会議ですがプレ大会にあたるものはありません。

「プレ大会」の言葉の使い方や使われ方

「プレ大会で運営の問題点を洗い出すように」「プレ大会でも安全は万全でないといけない」などプレ大会に向かう様子、運営側についての使い方が多くなります。

選手側はプレ大会という名称ではない大会ととらえるケースが多いですが、オリンピックなどと同じ場所または運営団体のこともあるで行われている大きな大会というとらえ方をしても問題ないでしょう。

「プレ大会」の類語や言いかえ

READY STEADY TOKYO 東京2020テストイベントが東京オリンピックプレ大会の正式名称です。

ワールドカップのプレ大会はFIFAクラブワールドカップとなる予定です。

大会名はもととなる大会と関係性がないものもあります。

まとめ

プレ大会は本大会を運営するためのテストという意図が運営する側にとっては大きいイベントで、本大会とはイコールではないものの重要な大会であるということが選手側にとって言うことが出来るものです。

競技で開催されるのがほとんどでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典