「プロセス」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「プロセス」とは?

みなさんは「プロセス」という言葉を使う事があるでしょうか。

すっかり市民権を得たカタカナ語なので、普通に使っているという人も多いでしょう。

仕事の場面でも、趣味や家事をする時にも、「プロセス」という言葉が登場します。

一方で、「プロセス」という言葉の意味を、あまり良く知らないという人もいるでしょう。

そこで「プロセス」の意味や使い方を紹介して行きます。

「プロセス」の意味

「プロセス」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「プロセス」には、「過程」「経過」という意味があります。

例えば、「結果よりもプロセスが大切」という言葉があります。

結果の良し悪しは運不運に左右される事があるため、過程を大切にした方が、次の仕事につながりやすいという意味があります。

さらに「プロセス」には、「手順」という意味があります。

これから取り組む仕事について考える時に、どのような手順で進めて行けばいいか、考えると思います。

このような時の様子を、「仕事のプロセスを考える」という言葉にする事ができます。

「過程」「経過」、さらに「手順」という言葉をカタカナ語にする時は、「プロセス」という言葉を選びましょう。

「プロセス」の言葉の使い方

「プロセス」という言葉を使う時は、どのような場面でしょうか。

いちばん多いのが、仕事の場面においてかもしれません。

特にグループで仕事を進める時は、仕事の手順をみんなで認識しておく必要があります。

このような時に、「プロセスを確認する」などというフレーズが登場します。

さらに、仕事の仕方をアドバイスする時に、「プロセスを大切にしよう」「プロセス重視で行きましょう」などと、過程を大切にしようというアドバイスを言いたい時があるかもしれません。

このような時にも、「プロセス」という言葉を使ってみましょう。

「プロセス」を使った例文

次に「プロセス」という言葉を使った例文を見てみましょう。

様々な場面における、「プロセス」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

「プロセス」の例文1

ビジネスシーンにおける、「プロセス」を使った例文を紹介します。

「部長が口酸っぱく話をするのが、『仕事はプロセスが大切』という事だ。

丁寧に仕事の手順を踏む事が結果よりも大切だと、部長は言う」


この例文のように、「プロセス」を重視して仕事をするタイプの人は多いでしょう。

きちんと手順を踏み、過程を大切にして仕事をする方が、アベレージの高い仕事ができる可能性が高くなります。

一方で、「結果だけしか見ない」タイプの人もたくさんいます。

上司がどのタイプなのかを、見極める事も大切です。

「プロセス」の例文2

恋愛の場面における、「プロセス」

を使った例文を紹介します。

「私はA君という男性と付き合って、10年になる。

A君にそれとなく結婚する事を催促した事もあるが、A君は結婚するまでの『プロセス』を楽しみたいと言う。

それも一理あるが、私もすでに若くないので、早く結婚したい」
この例文に登場するA君のような男性は、恋愛体質なのかもしれません。

結婚したいというよりも、結婚に至る過程、つまり「プロセス」を楽しみたいタイプの人です。

このようなタイプの人と付き合うと、振り回されてしまうかもしれませんし、いざ結婚したら、浮気をしてしまう可能性もあります。

結婚にふさわしいタイプの人とは言えないかもしれません。

「プロセス」の英語

「プロセス」というカタカナ語を、英語で表現するとどうなるでしょうか。

「プロセス」は英語で、“process”と表記します。

カタカナ語の「プロセス」と同じように、過程や経過、手順という意味があります。

このように、「プロセス」は英語に直せる事を覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典