スポンサーリンク

「プロット」と「ストーリー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プロット」と「ストーリー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プロット」「ストーリー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「プロット」とは?

「プロット」とは「小説・演劇・映画における筋書きや構想」という意味です。

小説や演劇、映画など、あるテーマに沿ったストーリーが描かれている作品においては、そのストーリーがどの様に組み立てられていくかが重要になります。

「どこで何が起きる」「それからどうなる」など、ひとつひとつのエピソードを起承転結に沿って考えて、結末を表すことを言います。

「どの様に進んでいくか」ではなく、あくまで「何が起こる」「どうなる」という計画的なイメージです。

「ストーリー」とは?

「ストーリー」は、「流れに沿って進んでいく物語や話のこと」です。

ある出来事を、始まりから終わりまで、時系列に沿って並べて作ったり、言い表したりすることを言います。

「ストーリー」は、「どこで何が起きる」「それからどうなる」の前後に「何故その様になるのか」「何がきっかけでそうなるのか」など、それぞれのエピソードが自然につながる様に作られています。

ざっくりとしたあらすじのこともあれば、文学的な物語を表すこともあります。

「プロット」と「ストーリー」の違い!

「プロット」「小説・演劇・映画における筋書きや構想」です。

「ストーリー」「流れに沿って進んでいく物語や話のこと」です。

まとめ

今回は「プロット」「ストーリー」の違いをお伝えしました。

「プロットは構想のみ」「ストーリーは流れがある」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典