スポンサーリンク

「プロテクト解除」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プロテクト解除」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プロテクト解除」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「プロテクト解除」とは?意味

プロテクトは防ぐこと、保護することという意味、メモリーカードやハードディスク、DVD-RWやBD-REディスクなどにおいてデータが書き換えられることを防ぐために行う保護措置という意味があり、それを解除することがプロテクトは解除ということになります。

メモリーカードで言えばプロテクトを掛けた状態では画像は削除できず、プロテクト解除した場合は画像を削除できる状態になり、ハードディスクそのもののプロテクトではデータ全体となります。

野球のトレード、フリーエージェントに関わる人的補償においてもプロテクトという言葉がありますが、こちらは毎年変動するため、解除する概念が有りません。

「プロテクト解除」の概要

かつてのカセットテープやビデオテープでは爪を折っておくことでプロテクトができ、プロテクト解除は爪を折った部分をテープで塞ぐというシステムになっていました。

また、ミニディスクではスイッチを上げ下げすることでプロテクトとプロテクト解除が選べるようになっています。

その後のDVD-RWはディスク単体の商品なため、物理的なプロテクト/プロテクト解除ができないため、レコーダーやパソコンにおいてそれらの操作をすることになります。

メモリーカードはスイッチが付いているものもあります。

プログラムを使用できるようにするためのプロテクト解除コードという使い方もあり、購入後入力するシリアルコードやパスワードのようなものです。

言葉としてのプロテクト解除は保護しないという意味合いになるため、人に使う場合などはあまりいい意味には取られません。

「プロテクト解除」の言葉の使い方や使われ方

「録画データのプロテクト解除をして削除し、ハードディスクの空き容量を増やす」「もう聞かなくなったのでMDのプロテクト解除をしてまた録音できるようにする」「プロテクト解除コードを入力してソフトを使う」などの使い方があります。

プロテクト解除の仕方がわからないというケースは使えないというわけではないケースが多くなっています。

(ハードディスクレコーダーの録画番組であれば視聴自体は可能)

「プロテクト解除」の類語や言いかえ

保護を外す、プロテクトを外す、削除できるようにする、録音/録画できるようにするなどが言い換えの言葉として使うことができます。

ソフト、ファイルによってはパスワードによって開くものが有り、こちらをプロテクト解除コードという場合はパスワード解除という言い換えも可能です。

まとめ

プロテクト解除は保護状態を終わらせることを指す言葉で、人によっては全く使わないことのありえるシチュエーションと言えるでしょう。

なお、コピーガード解除という販売されているソフトのダビング行為もプロテクト解除と言えなくは有りませんが、法的に認められていないケースが大半です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典