「ベイトロッド」と「スピニングロッド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ベイトロッド」と「スピニングロッド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ベイトロッド」「スピニングロッド」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ベイトロッド」とは?

「ベイトロッド」とは、「ベイトリール(両軸受けリール)を装着するための専用の釣竿」のことです。

トリガーレスモデルを除く「ベイトロッド」には、リールシート部分(リールの固定部分)にキャスト時のスッポ抜けやリールの空回りを防止するための「トリガー」がついています。

「ベイトロッド」は巻き上げ力が強く糸ヨレしにくいので、「船釣り・ブラックバスのルアー釣り」でよく使われます。

「スピニングロッド」とは?

「スピニングロッド」とは、「スピニングリールを装着するための専用の釣竿」のことです。

「スピニングロッド」は、ベイトリールのブレーキやサミングの操作に慣れが必要な「ベイトロッド」よりも扱いやすい初心者向けの釣竿とされています。

「スピニングロッド」は、スピニングリールにブレーキがなくてバックラッシュが起こりにくいので、「磯釣り・岸から遠投する投げ釣り・軽い仕掛け(ルアー)の釣り」などに向いています。

「ベイトロッド」と「スピニングロッド」の違い!

「ベイトロッド」「スピニングロッド」の違いを、分かりやすく解説します。

「ベイトロッド」「スピニングロッド」の分かりやすい違いは、「取り付けられるリールの種類」「トリガーの有無」にあります。

「ベイトロッド」「ベイトリール専用の釣竿」「スピニングロッド」「スピニングロッド専用の釣竿」であり、「ベイトロッド」の大半には「トリガー」がついているという違いが挙げられます。

「ベイトロッド」はロッドの上にベイトリールが設置されて「ガイドが上向き」になりますが、「スピニングロッド」はロッドの下にスピニングリールが設置されるので「ガイドが下向き」になります。

また各メーカーのロッドには、(例えばシマノであれば)「ベイトロッドであれば1あるいはB」「スピニングロッドであれば2あるいはS」といったロッドに記された表記の違いがあります。

まとめ

「ベイトロッド」「スピニングロッド」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ベイトロッド」とは「ブラックバスのルアー釣りで使われることが多い、ベイトリールを装着する専用の釣竿」を意味していて、「スピニングロッド」「磯釣りで使われることが多い、スピニングリールを装着する専用の釣竿」のことを意味している違いがあります。

「ベイトロッド」「スピニングロッド」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典