スポンサーリンク

「ベンチマーク」と「メルクマール」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ベンチマーク」と「メルクマール」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ベンチマーク」「メルクマール」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ベンチマーク」とは?

「ベンチマーク」は、元は測量のことを指しますが、ソフトウェアに使用されるケースにおいては性能テストの意味を持つ言葉です。

その為、パソコンのゲームソフトなどの「ベンチマーク」とは、そのゲームを動かすだけのパワーを持つパソコンであるかどうかをチェックする性能テストのことを指します。

「メルクマール」とは?

「メルクマール」は、業界別によって意味が異なり、ITであれば、目的を達成させるうえでの中間点です。

医療業界であれば、現場でどう評価されているかという意味になります。

「ベンチマーク」と「メルクマール」の違い

「ベンチマーク」「メルクマール」の違いは、ITであれば、性能テストと、一つのソフトウェアを組み立てていくうえでの中間ポイントであるかという違いです。

「ベンチマーク」は性能をテストすることにあり、「メルクマール」は。

ソフトウェアの作成において中間をどこに設定するかになるため両者は、性能をテストする側にあるか、まだ性能をテストできない状況下でソフトウェアがどこまでできているかを示すかです。

「ベンチマーク」の例文

・『パソコンの最新ゲームのベンチマークが動かない』
この例は、最新ゲームの性能チェックプログラムが動かないという例です。

恐らくパソコンの性能が低いが上性能チェックプログラムが動作しないと予想します。

なお「ベンチマーク」が動けば、どの程度自分のパソコンの性能が良いかが評価され、ゲームを動作するに十分である性能かどうかもはっきりわかります。

「メルクマール」の例文

・『会計ソフトの作成のメルクマールを設定する』
この例は、会計ソフトを作り上げていくうえで、どこを中間ポイントにするかという例になります。

ソフトウェア作りは、中間ポイントを作ることでどこまで作業が進展しているかを把握することが可能で、中間を過ぎれば、あとどのくらいでソフトウェアを作成できるかを把握することができるのですが、逆を返せば、中間を通過できない場合、すべての業務が遅れていることが分かります。

まとめ

「ベンチマーク」「メルクマール」の違いは、ITというジャンルにおいては性能をチェックすることであるか、ソフトウェアを作るうえで中間地点を設けるかという違いです。

「ベンチマーク」についてはパソコンゲームなどでよく「ベンチマーク」というプログラムを見たりするので理解している方は多く、実際ゲームが動作するかどうかを確かめるプログラムを「ベンチマーク」と呼びます。

一方「メルクマール」はソフトウェアを作るうえで中間を儲けることで、作業の進展度合いを逆算するために用いる手法です。

「メルクマール」は作業が進展してないと判断することも可能で、進展してない場合人員を増やすなどの対策を講じることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典