「ペシミスティック」と「ネガティブ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ペシミスティック」と「ネガティブ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ペシミスティック」「ネガティブ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ペシミスティック」とは?

「ペシミスティック」とは英語で“pessimistic”と綴ります。

「ペシミスティック」は、人生や世の中などをはかなむ傾向にあり、悲観的であることを言います。

わかりやすく言えば、物事に対して「こんなことをしても何にもならない」「どうせ失敗するだけだ」といった考え方をする人は「ペシミスティックな考え」「ペシミスト」ということになります。

「ネガティブ」とは?

「ネガティブ」とは、否定的である、消極的であるさまを言い表す言葉です。

物事や、他人に対して「否定」から入り、行動も消極的であればそれは「ネガティブな生き方」と言い表されるでしょう。

「ネガティブ」の反対は「ポジティブ」ですが、性格的に両者は正反対となります。

組み合わせとして、自分にない考えを持っていると上手くいく場合もありますが、意見が正反対で話が合わないとなり理解しあえないで終わることも多いのです。

「彼に質問したらありえないほどネガティブな答えが返ってきた」「私は基本的にネガティブ思考で、物事には慎重に取り組みたいタイプだ」などと、使います。

また必ずしも「ネガティブ」だから悪い、「ポジティブ」だから正しいというわけではありません。

「ペシミスティック」と「ネガティブ」の違い!

「ペシミスティック」「ネガティブ」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は同義語のような印象を持たれるかもしれませんが、意味合いは微妙に違います。

「ペシミスティック」とは、人生や世の中をはかなむ傾向にある、悲観的であるという意味になります。

一方の「ネガティブ」とは、否定的である、消極的であるという意味になります。

物事に前向きになれない、明るい気分になれないといった意味ではこの二つの言葉はどちらも当てはまります。

言葉の意味を正しく理解して、ふさわしい方を選ぶといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ペシミスティック」「ネガティブ」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらを選んでも、同じような意味合いとして使えるのですが、本来の意味は違いますので、これを機会に正しく理解して覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典