「ペテン師」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ペテン師」

ペテン師という表現は騙すのに巧みな人、つまり詐欺師のことを指しています。

ペテン師のペテンという表現は中国語から来たものであり、中国語のbengziが鈍ったものだと言われています。

ペテン師とは人をうまく騙して利益を得る人、詐欺師、などを指しており、この表現は明治初期から日本で使われていると考えられています。

「ペテン師」の意味

ペテン師は嘘つきということもできます。

最近では振り込め詐欺等が流行りましたが、このような詐欺師もペテン師ということができます。

人の善意等につけ込んで迷惑メール等を流し、利益を得ようとする人もペテン師と呼ぶことができます。

「ペテン師」の言葉の使い方

日常会話においてペテン師という言葉を使う事はあまりないかもしれません。

しかし文章においてはよく使われる表現であり小説などにおいてもよく出てくる言葉になります。

人を騙す人、人を騙して喜んでいる人などのことをペテン師と呼び、人に対して注意を促すことがあります。

「ペテン師」を使った例文・短文(解釈)

それならばペテン師という言葉はどのような文脈で使われるのでしょうか。

ここではペテン師という言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「ペテン師」の例文1

「ペテン師は詐欺をする人だけれど、ペテン師と詐欺師は違うから気をつけて」

ペテン師は詐欺をする人ですが、ペテン師と詐欺師という言葉には少しばかり違いがあります。

ペテン師という言葉はあくまでも人を騙すのが上手な人ということであり、ペテン師が利益を得ているかどうかは別問題になります。

それに対して詐欺師というのはうまく人を騙して金品をだまし取る人のことを指しており、絶対に利益を得る人ということになるのです。

ペテン師も詐欺師も同じような意味合いで使われますが若干の違いがあります。

「ペテン師」の例文2

「あの人はペテン師だからあまり信用しないほうがいい」

身近に嘘をつく人がいると、つい周りの人にも「あの人には気をつけて」と注意を流すことがあるのではないでしょうか。

人を騙すのが得意、人に嘘をつく、などという人はそもそも信用することができません。

そのような人に騙された経験があると、周りの人にも注意を呼びかけようと思いますし、二度といたような人には近づかないようにしたいと思いますよね。

ペテン師に騙されることがないよう、自分でも細心の注意を図る必要があります。

「ペテン師」の例文3

「あの推理小節に出てくれて、私は本当に個性的で面白い」

たとえペテン師であったとしても、ノンフィクションのキャラクターであれば外がありません。

むしろ、推理小説や探偵物が好きだという人にとっては、そのような小説に出てくるペテン師は重要なキャラクターですよね。

ペテン師が非常に個性的であればあるほど、ノンフィクションの小説は面白くなります。

ペテン師が面白ければ面白いほどその小説の価値が高くなるのです。

もしも推理小説などが好きだという人がいたら、どのペテン師が1番面白いか、どのペテン師が1番人を巧みに騙しているか、調べてみてはいかがでしょうか。

「ペテン師」の例文4

「世の中にはペテン師がいっぱいいるから、人をしっかりと見分ける術が必要だよ」

人間は生きていくために、援助しなければいけないこともありますし、人をうまく騙して説得しなければいけないこともあります。

それは嘘というわけではなく、要領よく行動することで自分が欲しいものを手に入れる必要があるのです。

例えば面接などで聞こえの良い答えを言ったり、人に好かれたいからということでいつもはしないようなことをしてみたり、人間はいくらでも演技をすることが可能です。

そのため、人間は誰であってもある意味ではペテン師なのかもしれません。

だからこそ、周りの人がペテン師なのかどうか、しっかりと見極める目が必要になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典