スポンサーリンク

「ペナン島」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ペナン島」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ペナン島の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ペナン島とは?意味

ペナン島とは、ネトゲで一時的にゲームに参加できないときに使う言葉です。

意味はネットゲームでプレイしているとき、ペナルティになったときに席を外して戻ってきたときに「ちょっとペナン島へ行ってきた」と言って、休憩していたことを伝えられる言葉になります。

ペナン島に行ったことで気分転換したという意味も含まれています。

ペナン島の概要

スマホで「ぺな」と打って変換すると実際にあるペナン島という名称が出てきます。

このことから、ペナルティと同じ文字から始まるペナン島と掛け合わせたのがこの言葉の有力な由来です。

そして、このペナルティを指す言葉は、ゲームに参加しているとき一時的に参加できなくなってしまったとき、かなりプレイヤーは落ち込む状態であります。

そんな落ち込んだ気分をなんとか改善しようと思うとき、気持ちだけでも島に行って開放的になろうと思う気持ちをペナン島という言葉に込めているのです。

実際に、マレーシアにはペナン島というリゾート地がありますが、この美しい島とこのスラングで使われている言葉は関係がありません。

ペナン島の言葉の使い方や使われ方

ネットゲームでプレイしていて、罰を受けたときに「ペナン島へ行ってくる」と使います。

そして、戻って来たときは「ペナン島へ行って来た」とゲーム仲間に伝えるときに使われています。

この言葉を知っている人に対して使えば、ネットゲームでペナルティを受けたんだなと状況を察知しますので、慰めの言葉を言ってくれるでしょう。

しかし、言葉の意味を知らない人に使ってしまうと、本当にリゾートへ行って来たのかと勘違いをしてしまいますので、言葉の意味を知っている人にだけ使うようにするのがマナーです。

ペナルティの略でもあるペナン島は、待たせてしまった人に冗談を言って、明るい気持ちにするときに使う言葉でもあります。

伝えるときは明るく言って、笑顔の絵文字を付けることで相手の心配する気持ちを解消させる言葉になります。

ペナン島を使った例文(使用例)

・ちょっとペナン島に行って休んでくる。

・ああ、ペナルティだね。ペナン島へ行って休んできなよ。

・ペナン島へ行って気分が良くなった。さあ、頑張るぞ。

ペナルティだけではなく、ゲームをやっていて疲れてしまったとき休憩も兼ねてペナン島へ行き、頭を切り替えて、また新たな気持ちでゲームをやろうとするときにも使える言葉です。

また、ペナルティになってしまった人に対して、ペナル島へ行って休憩してきた方がいいと思うときに使う例文です。

そして、ペナン島へ行き、気分転換して、頭がすっきりしたという気持ちを伝えるときに使える例文になります。

まとめ

オンラインゲームをやっていて負けてしまうと気が焦ってしまい、ペナルティを受けてしまうことも増えるでしょう。

そんなときは、少し頭を切り替えるためにもペナン島へ行き、気分を転換するのがおすすめです。

また、ゲーム仲間をリラックスさせ、ストレスを与えないためにも明るくなるスラング言葉を使って、その場を和ませてみるのもいいことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典