スポンサーリンク

「ペルシャ」と「ラガマフィン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ペルシャ」と「ラガマフィン」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ペルシャ」「ラガマフィン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ペルシャ」とは?

「ペルシャ」はアフガニスタンに土着していた体毛の長いねこをイギリス人の方々が可愛らしい外見であるということで気に入り、意図的に繁殖して増やしたのが、「ペルシャ」です。

その為、「ペルシャ」と古代のイランを指し示す言葉を使用していますが、実のところ、イランに住んでいた猫であるかどうかはわからず、とりあえずイランあたりに住んでいる猫という意味で「ペルシャ」とイギリスの方がつけたにすぎません。

なお、イギリスのキャットショーというショーで公開されたことで有名となり、この猫をモデルに様々な多種の猫を掛け合わせる配合も多く流行しました。

「ラガマフィン」とは?

「ラガマフィン」は、「ペルシャ」とラグドールをかけ合わせた猫です。

というのも「ペルシャ」は、ミャンマーの猫であるパーマンというねこと掛け合わせたものを「ラガマフィン」と呼んでいたのですが繁殖を続けていく過程である問題が起きたのです。

その問題は、近親交配による寿命の問題で、近親交配を繰り返したことにより、純粋な「ペルシャ」よりも寿命が短命であるという問題に陥り問題を解決するためにパーマンから生み出された、ラグドールを掛け合わせヒマラヤンもかけ合わせるという行動に移りました。

つまり「ラガマフィン」は、ペルシャという体毛の長いねこに、さらに体毛が長いねこを掛け合わせるとどうなるかという実験で生まれた猫なのですが交配の繰り返しの過程で短命となり、急きょ体毛の長いねこを変更した猫です。

「ペルシャ」と「ラガマフィン」の違い

「ペルシャ」「ラガマフィン」の違いは、原種が「ペルシャ」で、ハイブリッド種が「ラガマフィン」「ラガマフィン」「ペルシャ」と体毛の長い別の猫のmixです。

「ペルシャ」と「ラガマフィン」の外見の違い

「ペルシャ」は体毛がものすごく長く、体毛はやわらかいが体系自体はずんぐりです。

一方「ラガマフィン」はずんぐりではなく、スマートですが体毛が多いのには越したことが無く痩せている「ペルシャ」という感じになります。

そして目の形が異なり、「ペルシャ」は瞳が小さい卵の形ですが、「ラガマフィン」は大きい卵です。

まとめ

「ペルシャ」「ラガマフィン」については、「ペルシャ」という体毛が長いねこが可愛いということをきっかけに生まれた猫が、「ラガマフィン」というねこで「ラガマフィン」は、人為的に作られたが故、寿命との戦いであると言えます。

その為、「ラガマフィン」は幾度と交配に用いる猫を変更しており、元々はパーマンというねこから生み出された、ラグドールというねこを掛け合わせていたのですがこれでも寿命が問題となっておりさらにかけ合わせる猫をヒマラヤンにすることで安定を図ることができたという猫になります。

こうした問題は実は珍しいことではなく、鳥のブリーダーの方もこうした寿命という問題と直面していますので猫の場合も珍しいことではないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典