スポンサーリンク

「ペルソナ」と「ターゲット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ペルソナ」と「ターゲット」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネス業界やマーケティングでは、それぞれの商品に合った客層を徹底的に調べてそれに合うものを提供していくことが大切です。

その対象となるユーザーはそれぞれ「ペルソナ」「ターゲット」という言葉によって区別されます。

この記事では、「ペルソナ」「ターゲット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ペルソナ」とは?

「ペルソナ」とは元々心理学で使われる用語であり、外の世界に接するために作られる人格や性格を表す言葉です。

これは社会的な適応として重要なものであり、これを使い分けることで人間は社会的な付き合いをしていくのです。

この意味から「ペルソナ」は仮面のようなものと例えられます。

ビジネス業界やマーケティングで使われる「ペルソナ」は、ユーザーや顧客の情報をより個人的に記したものとなります。

より具体的な人物像を「ペルソナ」として設定することで、さらに具体的なユーザー像を理解する手助けになりますし、それぞれのパーソナリティに合わせたニーズを提供することが可能になります。

より具体的な人物像を設定することから、仕事をする集団にとって業務を円滑に進めることが可能であり、今日では色々なビジネスシーンで「ペルソナ」は使われています。

「ターゲット」とは?

「ターゲット」とは標的や目標を表す言葉であり、これは日常的な場面でもよく使われる単語です。

「ターゲット」はビジネス業界やマーケティングでもよく使われる言葉であり、こちらは対象となるユーザーの大まかな情報を区別したものとなっています。

マーケティングで使われる「ターゲット」の例としては、年齢、性別、地域、年収、職業、結婚などがあり、これは大まかな区分であり幅広いマーケティングする際に使用されます。

これらの属性を調べて業務に生かすものとしては「マーケティング」というものがあり、こちらは会社でも専用の部門があるところが多く現代のメディア戦略で重要な概念となっています。

「ペルソナ」と「ターゲット」の違い

「ペルソナ」はより具体的なユーザー像を表す言葉であり、「ターゲット」はユーザー像の大まかな区分を表す言葉です。

どちらもマーケティングの場面ではよく使われる用語ですが、最初に「ターゲット」を決めてから具体的な計画を立てる際にユーザーの「ペルソナ」を設定して業務するのが重要視されています。

「ペルソナ」の例文

・『具体的なペルソナ像を設定したところ、計画の難点が分かりやすくなった』
・『新しいユーザーのペルソナ設定はとても大変だが、これをしないと計画が散漫になるので頑張ろう』

「ターゲット」の例文

・『ターゲットを徹底的に絞った広告は、かなりの成功を収めた』
・『ターゲット市場の分析レポートを読んでいるが、ここ最近では若者の嗜好が変化しているのは驚いた』

まとめ

マーケティングの手法には色々なものがありますが、最も大切なのは顧客やユーザーの存在でありこれを分析することは土台固めとして最初にやるべきことです。

「ペルソナ」「ターゲット」という手法を用いることでユーザー像を見極めることが可能であり、より効率的に商品や広告を届けられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典