スポンサーリンク

「ペンミトレカ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ペンミトレカ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ペンミトレカ」の意味を分かりやすく説明していきます。

気になった言葉を今すぐ学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「ペンミトレカ」とは?意味

「ペンミトレカ」とは韓流アイドルの、トレーディングカードのこと。

おもにファン同士の交流サイトやSNS、メルカリなどのフリマアプリで使われています。

安いものは、1枚300円程度で販売されています。

ただ状態の良いものや人気アイドルのトレカは、数千円や数万円になります。

ちなみに「ペンミトレカ」「ペンミ」とは、アイドルが開くファンサービスの催し物です。

アイドルと握手ができるほか、オリジナルグッズの抽選会や、トークイベント、簡単なゲーム大会が実施されます。

「トレカ」はコレクション用のカードで、自撮りに似た顔写真がプリントされたアイドルのカードをあらわします。

ファンミーティングの日に配られる、レアなブロマイド写真が「ペンミトレカ」です。

「ペンミトレカ」の概要

ペンミは韓国では、おなじみの文化です。

地方都市などで定期的におこなわれていて、参加したい人は事前にネットから応募して申し込みます。

そして当選したファンのみ会場に行って、ペンミに参加できます。

当初ペンミはごく僅かな人数しか参加できない小さな催事だったものの、現在は数千人、数万人単位のファンが集うビッグイベントになっています。

一般的なライブが「音楽メイン」であるのに対して、ペンミはファンサービスがメインです。

トークやゲームを楽しみながら、メンバーとファンが触れ合える仕掛けになっています。

現在は日本のアイドルの中でも、ペンミが広がっています。

「ペンミトレカ」の言葉の使い方や使われ方

ペンミトレカは、このように使われています。

・『ファンミーティングに出かけて、念願のペンミトレカを手に入れた』
・『BTSのペンミトレカをお持ちの方、ご一報ください』
・『K-POP好きの友達と、ペンミトレカの交換をした』
ペンミトレカは表がアイドル写真、裏にペンミの日付とサインが描かれたカードです。

ファンミーティングに行った人しか入手できない、レアなカードになっています。

そのためK-POPファンの間で、トレカの交換をおこなう時によく使われています。

「ペンミトレカ」の類語や言いかえ

「ペンミトレカ」は次の言葉にも、置きかえられています。

・トレカ
・ファンミトレカ
トレカはペンミトレカの省略形です。

中身は同じものを指します。

またファンミとは、ファンミーティングのこと。

ファンミもペンミも同じですが、ファンミは日本のアイドル、ペンミは韓流アイドルと使い分けされることもあります。

まとめ

「ペンミトレカ」の意味と使い方をおさらいしました。

「ペンミトレカ」とは、韓国アイドルのトレーディングカードのこと。

イベントで配布されるサイン入りの顔写真をあらわします。

フリマアプリで高額で取引される、人気グッズになっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典