スポンサーリンク

「ボイススキン」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ボイススキン」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

デジタルにまつわる流行語は、いくつかあります。

この記事では、「ボイススキン」の意味を分かりやすく説明していきます。

正しい中身を知って、最先端の知識を身に付けていきましょう。

スポンサーリンク

「ボイススキン」とは?意味

ボイススキンとは、音声ロボットのこと。

不自然さのない、自然な声色の「音声ツール」のことです。

エンタメやゲーム業界など、色々な切り口から注目されている、近未来型のビジネスです。

ボイススキンは直訳すると「身につける声」のこと。

アメリカに本拠地をおくIT系企業『Modulate Inc』が開発した技術です。

ボイススキンをつかうと、AIがまるで本物の人間のように話しかけてくれます。

こちらの会話にもスムーズに答えてくれるので、コミュニケーションも可能。

AIが相手の意図をくみとって会話してくれるので、色々なビジネスに応用できるのではないかと、世界中から期待されています。

「ボイススキン」の概要

「ボイススキン」が脚光を浴びるようになったのは、音声で会話するアプリ「クラブハウス」が流行してからのこと。

それまであまり注目されていなかった「音声ビジネス」に、改めて関心が向くようになりました。

「ボイススキン」を使うと、ゲームのキャラクターや人気アイドルと会話を楽しむことも簡単にできます。

また店員さんに模したロボットと、自然なやり取りを楽しみながらショッピングできます。

色々な可能性に満ちているのが「ボイススキン」です。

「ボイススキン」の言葉の使い方や使われ方

「ボイススキン」はこのように使います。

・コロナ禍において、ボイススキンに熱い視線が注がれている。

・ボイススキンの機能を取り入れた、ロボット研究が進んでいる。

・ボイススキンを使って、歴史上の偉人の声をよみがえらせてみた。

ボイススキンは映画や音楽業界でも注目されている、AI型の音声技術サービスです。

そのためIT系企業など、ビジネスの現場でよく使われています。

「ボイススキン」の類語や言いかえ

「ボイススキン」と同じような言葉に、次のような用語があります。

・AI音声
・音声技術サービス
・音声合成
・音声コミュニケーション
・シンセティックメディア
「ボイススキン」「AI音声」「音声合成」と言われることもあります。

また「シンセティックメディア」とは、AIが編集や作成をおこなった、音声がある動画のこと。

本物の人が話しているような、臨場感あふれる動画を手軽につくれるサービスです。

これまでのAI音声やAI映像は違和感があるものが多かったのですが、シンセティックメディアやボイススキンはそんな心配を一掃する、ハイレベルなものに進化しています。

まとめ

「ボイススキン」の中身を分かりやすく解説しました。

「ボイススキン」とはAI型の音声技術サービスのこと。

本物の人が話しかけているような、自然な語り口調のロボット音声をあらわします。

「ボイススキン」が注目されるようになったのは、クラブハウスなどの音声通話アプリがヒットしてからです。

映画や音楽、小売り業界からも「ボイススキン」は注目を集めています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典