スポンサーリンク

「ボイスレコーダー」と「icレコーダー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ボイスレコーダー」と「icレコーダー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ボイスレコーダー」「icレコーダー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ボイスレコーダー」とは?

「ボイスレコーダー」とは、「主に人間の声を録音する目的で製造・販売されている記録媒体」のことです。

現在では「icレコーダー」「ボイスレコーダー」としての機能・目的を兼ねていることも多いのですが、「ボイスレコーダー」という時には「icレコーダー・CD・カセットテープなども含めた、人の声を録音するための機器(記録媒体)」のことを特に意味しているのです。

「ボイスレコーダー」の使い方

「ボイスレコーダー」という言葉は、「主に人間の声を録音するために製造・販売されている記録媒体(現在ではicレコーダーの一種として認識されている録音機器)」の意味合いで使うという使い方になります。

例えば、「ボイスレコーダーで執拗に脅迫してくる相手の声を録音していたので、証拠として警察に提出しました」などの文章で使用することができるのです。

「icレコーダー」とは?

「icレコーダー」とは、「音楽・人間の声といった音声を、メモリーカードのようなIC(集積回路)に録音することができる記録媒体・録音機器」を意味しています。

「icレコーダー」というのは、「人の声だけではなくさまざまな音楽なども含めて、広範な周波数帯の音声をIC(集積回路)に保存することができる記録媒体」のことなのです。

「icレコーダー」は昔の時代でいえば「カセットテープ・CD・MDなどの記録媒体」と同列の扱いになりますが、近年では専用の小型「icレコーダー」だけではなくスマートフォンにも「icレコーダー機能」が搭載されています。

「icレコーダー」の使い方

「icレコーダー」という言葉は、「人の声・音楽・自然音などさまざまな音源を、メモリースティック・メモリーカード(microSD)のようなIC(集積回路)に録音することができる記録媒体」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「最近のスマートフォンは、電話や会話を録音するicレコーダーとしても活用することができます」などの文章で使うような使い方をすることができます。

「ボイスレコーダー」と「icレコーダー」の違い!

「ボイスレコーダー」「icレコーダー」の違いを、分かりやすく解説します。

「ボイスレコーダー」というのは「人の声・会話を録音する目的で製造・販売されている記録媒体・録音機器」のことであり、「icレコーダー」よりも「録音することができる音声の周波数帯が狭い・録音した音声の音質がやや劣る」という違いがあります。

録音性能の違いから、「高音・低音の幅が広い音楽などの録音目的」においては、「ボイスレコーダー」よりも「icレコーダー」のほうが適しているのです。

そのため、販売価格も「icレコーダー」と表記されている商品のほうが、「ボイスレコーダー」よりもやや高めに設定される傾向があります。

まとめ

「ボイスレコーダー」「icレコーダー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ボイスレコーダー」「主に人の声・会話を録音する目的で生産されている記録媒体(録音機器)」を意味していて、「icレコーダー」のほうは「人の声だけでなあく音楽・自然音などの録音も目的にしている記録媒体(録音機器)」である違いがあります。

「ボイスレコーダー」「icレコーダー」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典