スポンサーリンク

「ボディメイク」と「筋トレ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ボディメイク」と「筋トレ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ボディメイク」「筋トレ」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ボディメイク」とは?

最初に「ボディメイク」の意味をご説明致します。

「ボディメイク」とは、日々の運動などによって、自分が理想とするボディを作っていくことです。

「筋トレ」とは?

次は「筋トレ」について解説していきます。

「筋トレ」は、家やスポーツジムなどで、器具を使い、筋肉に負荷をかけ、筋肥大を目指すトレーニングになります。

人によってプロテインなどを用いることもあります。

因みに「ボディメイク」をする際は、プロテインを飲むと「ボディメイク」の効率がアップします。

「ボディメイク」と「筋トレ」の違いとは?

ここでは「ボディメイク」「筋トレ」の違いを説明していきます。

「ボディメイク」は、自分がなりたい肉体を目指して、日々鍛錬を重ねることです。

また、人によって理想の肉体は違うのも、「ボディメイク」ならではでしょう。

筋肉隆々を理想とする方もいれば、細マッチョを理想としたり、ガリガリを好む方もいます。

したがってプロテインの種類も違ってきます。

「筋トレ」の方は、所定の場所で器具などを使い、筋肉に負荷をかけて筋肥大を目指すものです。

基本的に、筋トレをする方は筋肥大が目的ですので、プロテインの方もホエイプロテインを用いることが殆どといって良いでしょう。

「ボディメイク」と「筋トレ」の使い方の違い

次の項目において、「ボディメイク」「筋トレ」の使い方の違いを取り上げます。

「ボディメイク」は、人それぞれに目指す肉体は違えど、理想の肉体を手に入れるために努力することです。

「筋トレ」の場合、筋肥大を目的として、器具などを使い、トレーニングしていることになります。

よって使い方は、「ボディメイクのために、プロテインはソイプロテインをチョイスしている」などの使い方があります。

一方、後者は、「筋トレを1年続けたら、筋肥大して、腹筋も割れてきた」と使えるのです。

「ボディメイク」を使った例文

・『ボディメイクを極めるに、食事制限は欠かせない』
・『有酸素運動と無酸素運動を上手に取り入れることで、ボディメイクの効率も高まるだろう』
・『ボディメイクのためにプロテインを購入した』
・『ボディメイクを目的にすると、美意識も上がるような気がする』
・『僕が理想としているボディメイクは、筋肉がガッチリとついていることだ』

「筋トレ」を使った例文

・『毎日の筋トレは、かなりしんどい』
・『筋肥大するには週2~3の筋トレでOKだ』
・『筋トレと食事、睡眠、プロテインが大切だ』
・『筋トレしても筋肥大しない人は、何かが間違っているからだ』
・『筋トレは楽しい』

まとめ

まとめとして、「ボディメイク」は、人それぞれに好みや目的の肉体は違うものの、理想の肉体を手に入れるために、運動などをして努力することです。

「筋トレ」は、ジムなどで器具を使い、筋肉に負荷をかけて、筋肥大を目的とするトレーニングです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典