スポンサーリンク

「マイニャンバーカード」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マイニャンバーカード」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マイニャンバーカード」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マイニャンバーカード」の意味

愛猫のためのオリジナルIDカード。

「マイニャンバーカード」の解説

「マイニャンバーカード」とは、株式会社ポーミーが2017年2月22日の猫の日に発売した、愛猫のためのオリジナルIDカードです。

愛猫の写真や名前が記載された世界に1枚だけのカードで、運転免許証などと同じサイズのため、財布に入れて持ち運ぶことができます。

写真や名前の他に、飼い主の住所や毛質、毛色などの愛猫に関する情報を記載されています。

カードには12桁の固有の番号を付与されていて、愛猫が迷子になった際などにポータルサイトで情報の管理をする事がでます。

また迷子猫のポスターを簡単に作ったりする事ができるサポート機能も使用する事もできます。

万が一に飼い主が事故などで世話ができなくなってしまった場合の、世話代行の連絡先の記入も行う事ができます。

またマイニャンバーカードを持っている愛猫家同士が「猫友」となり交流できるSNS機能を利用する事もできます。

さらには売上の一部を猫のためのボランティア団体に寄付し、愛猫と猫のための活動に充てられています。

「マイニャンバーカード」の使われ方

愛猫家のための、愛猫のために作られたカードですので、大切な家族を守るために、「マイナンバーカード」と同じように、猫のあらゆる情報が記載されています。

固有IDが付与されていることもあり、迷子になってしまった際の重要な手がかりになったり、迷子を捜す手助けとなるサポートも充実しています。

また売り上げも一部寄付されるということで、猫が一匹でも幸せな生活ができるような猫のために作られたカードです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典