「マガモ」と「アイガモ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「マガモ」と「アイガモ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マガモ」「アイガモ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「マガモ」とは?

「マガモ」とは、「カモ目カモ科に分類される鳥類の中で、日本ではもっとも典型的・代表的とされる鴨の種」を意味しています。

「マガモ」は冬季に南方に移動する「渡り鳥」としての習性を持っていて、日本では「冬鳥」として北海道から南西諸島にまでロシアのシベリアなどから飛来してきます。

「マガモ」の体長は約50~65センチで、繁殖期のオスは「黄色のクチバシ・緑色の頭・白い首輪・灰白色と黒褐色の胴体」とメス(ほぼ全身が黒褐色で黄褐色のふちどり)よりも派手な体色をしています。

「アイガモ」とは?

「アイガモ」とは「野生のマガモとアヒルの交雑交配種とされる鳥」を意味していますが、生物学的な分類では「アイガモ・マガモ・アヒルとの違い」はありません。

「アヒル」「マガモ」を品種改良した家禽品種であり、両者を交雑した「アイガモ」も遺伝子的には「マガモ」と違いはないからです。

「アイガモ」は脂身が多くて赤身に癖がないため、「食用肉」として人気があります。

また1990年代から、水田の雑草を除去する「合鴨農法」にも使われています。

「マガモ」と「アイガモ」の違い!

「マガモ」「アイガモ」の違いを、分かりやすく解説します。

「マガモ」「アイガモ」は生物学的分類では同じ種の鳥とされますが、「アイガモ」「野生のマガモとアヒルの交雑交配種」であるという違いがあります。

どちらも食用肉として利用されていますが、よりアヒルに近い「アイガモ」の肉のほうが「マガモ」よりも「赤身の癖が少ない・脂身が多い」といった違いがあります。

また「アイガモ」「マガモ」と比べると、「繁殖力が低くて成長に時間がかかる・愛玩動物にされることがある・合鴨農法(雑草除去の有機農法)で利用される」といった違いもあります。

まとめ

「マガモ」「アイガモ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「マガモ」とは「カモ目カモ科に分類される鳥類で、体長50~65センチの日本でもっとも典型的な鴨として認識されている種」を意味していて、「アイガモ」「野生のマガモとアヒルの交雑交配種とされる鳥ですが、生物学的分類ではマガモと同じとされる鳥」を意味している違いがあります。

「マガモ」「アイガモ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典