「マキアート」と「カフェラテ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「マキアート」と「カフェラテ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マキアート」「カフェラテ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「マキアート」とは?

「マキアート」とは、「ワンショットの高圧抽出したエスプレッソに、少量の温めたフォームドミルク(泡立てたミルク)を注いだ飲み物」のことを意味しています。

「マキアート」はイタリア語で「シミ(染み)がついた」という意味を持っています。

そのため、「マキアート」と呼ばれる飲み物は、「エスプレッソの上に乗ったフォームドミルクがシミのように見える状態」になっています。

「マキアート」をシロップでアレンジしたドリンクに、「キャラメルマキアート」などがあります。

「カフェラテ」とは?

「カフェラテ」とは、「深煎りしたコーヒー豆を高圧・短時間で抽出したエスプレッソに、フォームドミルク(あるいはスチームミルク)を加えた飲み物」のことです。

「カフェラテ」はイタリア語であり、「コーヒー(エスプレッソ)+フォームドミルク」を意味しています。

「カフェラテ」に似た言葉に「カフェオレ」もありますが、「カフェオレ」はフランス語で「ドリップコーヒー+ミルク」の飲み物になります。

「マキアート」と「カフェラテ」の違い!

「マキアート」「カフェラテ」の違いを、分かりやすく解説します。

「マキアート」「カフェラテ」「高い圧力をかけて短時間で抽出したエスプレッソ」を使ったドリンクという点では似ていますが、「マキアート」「フォームドミルクの量が少なくてシミのように見える」という違いがあります。

マキアートと比べると「カフェラテ」は、「エスプレッソとフォームドミルクの比率が2対8でミルクの量が多い」という違いがあるのです。

「マキアート」のエスプレッソとフォームドミルクの比率は「3対1」なので、エスプレッソの比率が大きくて苦味が強くなります。

また「マキアート」には、キャラメルシロップで甘味を強めた「キャラメルマキアート」など、アレンジしたドリンクがある違いも指摘できます。

まとめ

「マキアート」「カフェラテ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「マキアート」とは「エスプレッソに少量の温めたフォームドミルクを注いでシミのように見えるもの」を意味していて、「カフェラテ」「深煎りしたコーヒー豆を高圧・短時間で抽出したエスプレッソに、フォームドミルクを加えた飲み物」を意味している違いがあります。

「マキアート」「カフェラテ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典