「マシソヨ」と「マシッタ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マシソヨ」と「マシッタ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マシソヨ」「マシッタ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マシソヨ」とは?

「マシソヨ」とは韓国語で「美味しい」を意味する言葉で、主に他者に対して食べ物の感想を伝えるときに使います。

韓国語での一般的な発音は、「マシッソヨ」という言い方に近くなります。

「マシソヨ」は、韓国語の「マッ(味)」「イッソヨ(あります)」が組み合わされてつくられた言葉です。

韓国語の「マシソヨ」の反対語(対義語)は、「マドプソヨ(まずいです)」になります。

「マドプソヨ」は、韓国語の「マッ(味)」「オプソヨ(ないです)」が組み合わせられた言葉です。

「マシッタ」とは?

「マシッタ」とは韓国語で「美味しい」を意味する言葉ですが、主に独り言をいう時(客観的に美味しいという感想を書く時)に使われます。

何かを食べた時に、美味しくてついつい「これ、おいしい~」と言葉にでてしまうような場合に、「マシッタ」という韓国語の形容詞を使用するのです。

「マシソヨ」と「マシッタ」の違い!

「マシソヨ」「マシッタ」の違いを、分かりやすく解説します。

「マシソヨ」「マシッタ」もどちらも韓国語で「美味しい」を意味する形容詞ですが、それぞれの言葉を実際に使用するシチュエーション・用法が異なっています。

「マシソヨ」という韓国語は「他者との会話の中で、美味しいの意味で使用される形容詞」であり、「マシッタ」のように「独り言」では使われないという違いがあります。

反対に「マシッタ」という形容詞は「美味しいと言いたくなった時の独り言として使用される言葉」であり、「マシソヨ」のように「他者との会話の中」では使われないという違いを指摘できるのです。

まとめ

「マシソヨ」「マシッタ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「マシソヨ」とは「韓国語で美味しいを意味する言葉・誰かに対して美味しいという感想を伝える言葉」を意味していて、「マシッタ」「韓国語で美味しいを意味する言葉・独り言で美味しいという時に使う言葉」を意味している違いがあります。

「マシソヨ」「マシッタ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典