スポンサーリンク

「マスク警察」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マスク警察」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マスク警察」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マスク警察」の意味

マスクをしていない人を過剰に非難する人達のこと。

「マスク警察」の解説

「マスク警察」とは2020年の新型コロナウイルスの感染拡大を受け発生した人達のことで、実生活において、マスクをつけていない人に「マスクはどうした」とすごんだり、ネット上のコメントでマスクをつけていない人のことを激しく非難したり、といった「マスクをつけることを徹底させる」という活動を熱心にしています。

基本的には真面目な性格なのですが、少々行き過ぎた言動をしがちです。

例えば事情によってマスクをつけることが難しい人もいます。

また乳幼児などは靴下やマスクなど親が着用させてもいつの間にか外しているといったこともよくあることです。

そのような、それぞれの事情を理解しようとせず一方的に「マスクの必要性」を責め立ててくることも「マスク警察」と言って嫌われれる傾向にあります。

「マスク警察」の使われ方

「マスク警察」という言葉が使われる会話例をいくつか紹介しましょう。

「マスク、マスクって、マスク警察はマスクさえしていたら感染しないと思っているのか」
「小学生の子にマスクをしていないとすごむなんて、マスク警察って怖い」
「マスク警察と言われようとも、マスクをしていない人がいる場所には絶対行かない」
「マスクをしていない客は入店お断りと貼り紙をしたら、SNSでマスク警察とバッシングされ始めました」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典