スポンサーリンク

「マネーリテラシー」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マネーリテラシー」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マネーリテラシー」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マネーリテラシー」の意味

「マネーリテラシー」とは、「お金に関する正しい知識・情報を持ち、それを上手く活用することができる能力」を意味している経済用語です。

「マネーリテラシー」の解説

「マネーリテラシー」という経済用語は、「お金に関する正しい知識・情報を持って、それを活用して資産を守ったり増やしたりすることができる能力」を意味しています。

「マネーリテラシー」は、「金融リテラシー」と呼ばれることもあります。

「マネーリテラシー」というのは、「収入と支出・貯蓄・金利・保険・ローン・金融商品・投資(資産運用)・クレジットカード・借金・スマホ決済などのお金にまつわる正しい知識と情報を持って、それを活用してお金を増やせる(あるいはお金を減らさない)能力」のことなのです。

「マネーリテラシー」の使われ方

「マネーリテラシー」という経済用語は、「お金にまつわる正しい知識・情報・ノウハウを持っていて、それを適切に活用して資産を防衛したり増加させたりする能力」という意味合いで使われています。

例えば、「現代ではただ会社で働くだけではなくて、マネーリテラシーを身につけないと資産を守ることはできません」「日本のマネーリテラシー教育は遅れています」「マネーリテラシーのある人とない人では老後の人生設計に大きな差が生まれます」などの例文で使用することができます。

また「マネーリテラシー」は、「金融リテラシー」という言葉に言い換えて使うこともできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典