「マン振り」と「フルスイング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マン振り」と「フルスイング」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「マン振り」「フルスイング」は、ゴルファーの間で使用される言葉です。

この記事では、「マン振り」「フルスイング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マン振り」とは?

「マン振り」とは、フルスイングのことですが、フルスイングよりも力強くスイングをすることです。

100%の力を出してスイングをしても、バックスイングで止まる、ダウンスイングでクラブのヘッドがボールに当たる、といったことができていないと飛距離が伸びません。

「マン」には「超」という意味が込められており、「振る」を強調しています。

プロゴルファーは100%の力を出してスイングすることがないため、「マン振り」は皮肉るときに使用されます。

「フルスイング」とは?

「フルスイング」とは、クラブを思いっきり振ることです。

ゴルフクラブを思いっきり振ることも「フルスイング」といいます。

クラブを思い切って振ってしまうと、体のバランスが崩れてしまい、スイングのバランスも崩れます。

スイングのバランスが崩れてしまい、正しくボールを打つことができないと飛距離が出ません。

「マン振り」と「フルスイング」の違い

「マン振り」「フルスイング」には、クラブを思いっきり振るという意味があります。

「マン振り」の場合は、「フルスイング」よりも力強い振りという意味が込められており、この点が異なります。

まとめ

「マン振り」「フルスイング」もスイングのバランスを崩してしまいやすく、うまくボールを打つことができないと飛距離が出ません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典