スポンサーリンク

「ミッションコンプリート」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミッションコンプリート」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ミッションコンプリート」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ミッションコンプリート」とは?意味

任務完了や作戦成功という意味の言葉で、ミッションは目的や役割、使命、存在意義などの意味、コンプリートは完璧であること、完全にそろっていることを指しています。

そのため、ひとつの目的においてやりのこした事が一つでも残っていたらミッションコンプリートとは言いません。

ゲーム内での目的達成という意味でミッションコンプリートという言葉はよく使われています。

「ミッションコンプリート」の概要

ミッションコンプリートは物事が終わるだけではなく使命を完遂したという意味合いが含まれるため、プロ野球のペナントレースであればチームにおいてのミッションコンプリートは優勝、少なくともクライマックスシリーズ出場と成といえます。

日本シリーズやクライマックスシリーズに関してはまた別のミッションとしてとらえることが出来ます。

他の競技においてもある程度当てはめることが出来るでしょう。

仕事においてのミッションコンプリートと言えるケースはタクシーやトラックであればひとつひとつの安全な輸送、企画を出す会社であればプロジェクトの成功など範囲が異なるものとなっていますが、1日の仕事と大きなプロジェクトや個人の年間目標など、複数のミッションに分けてとらえることもあるでしょう。

言葉としてはミッションコンプリートは完遂という意味合いがあるため超ミッションコンプリートという言葉はなく、高難易度のミッションコンプリートという言葉は使えないことはありません。

ミッションコンプリートの反対語はミッションインコンプリートとなり、インコンプリートは不完全や中途半端という意味があります。

「ミッションコンプリート」の言葉の使い方や使われ方

「課題を提出できたので今日はミッションコンプリートだ」「ビル建設の工事も安全に終了してミッションコンプリートと言える」「買い物に行ったが買い忘れがあったのでミッションコンプリートとは言えない」などの使い方がありますが、目上の人に使うタイプの言葉ではなく、仲間内で使うのが一般的と言えるでしょう。

「ミッションコンプリート」の類語や言いかえ

目的達成、目標完遂、使命実行、任務完了、ミッション成功、ミッションを略してコンプリートしたなどの言葉が言い換えとして使うことが出来、成功したミッションという意味ではサクセスフルミッションと言う言葉も近いですが、曲名として有名になったためやや使いにくいと言えます。

まとめ

ミッションコンプリートは目的を完全に達成するという意味合いで響きの格好良さも有り、ゲームなどでも使われる表現です。

直接的な略語はなく、任務完了などの言葉の言い換えで略語の役目は果たされていると言えます。

言葉として広く使われておりミッションは個人的で発表するほどでもない目標から組織の大きな目標を指すこともあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典