「ミディアムシップ」と「チャネリング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミディアムシップ」と「チャネリング」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ミディアムシップ」「チャネリング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ミディアムシップ」とは?

「ミディアムシップ」は、他界した人と交信をすることです。

「ミディアム」には、媒介するもの、仲介者という意味があり、「ミディアム」というときには、他界した人と交信を取る者を意味することがあります。

「ミディアムシップ」で交信をするのは、クライアントの愛する人や大切な人です。

他界してしまった人とは、通常は会話することが難しいです。

しかし、どうしても他界したい人と会話したいということはあります。

そのようなときにミディアムが手助けをすることで、他界した人との交信が可能となります。

「チャネリング」とは?

「チャネリング」は、高次の存在、宇宙意識など、日常とは別の次元の存在と交信をすることです。

自分自身のハイヤーセルフとの「チャネリング」、宇宙人との「チャネリング」などがあります。

「ミディアムシップ」と「チャネリング」の違い

「ミディアムシップ」「チャネリング」では、つながる相手が異なります。

「ミディアムシップ」でつながる相手は、他界した人です。

「チャネリング」でつながる相手は、高次の存在、宇宙意識などです。

まとめ

「ミディアムシップ」「チャネリング」も見えない存在と交信する点では同じですが、交信する相手が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典