スポンサーリンク

「ミンク」と「ウール」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミンク」と「ウール」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ミンク」「ウール」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ミンク」とは?

「ミンク」とは、「食肉目イタチ科ミンク属に分類される哺乳類(アメリカミンク)」のことを意味しています。

また「ミンク」には、「ミンク(アメリカミンク)の毛を原料とする、保温性・耐久性・染めやすさに優れた最高級の毛皮」といった意味合いもあります。

「ミンク」の高級コート・高級毛皮を一着つくるのに、約30頭以上のミンクが必要になることもあり、近年は動物愛護団体によるミンクなどから取った毛皮の製造・着用に対する反対運動も激しくなっています。

「ウール」とは?

「ウール」とは、「羊の毛(羊毛)を原材料とする動物繊維」「羊の毛でつくった毛織物」のことを意味しています。

広義の「ウール」には、「ヤギの毛を原料とするモヘヤ・カシミヤ、ウサギの毛を原料とするアンゴラ、アルパカの毛やそれらの毛で織った毛織物」なども含まれています。

「ウール」は寒い時期のニット(セーター)などに使われることもあり、衣料用の動物繊維としてはもっとも消費量が多くなっています。

「ミンク」と「ウール」の違い!

「ミンク」「ウール」の違いを、分かりやすく解説します。

「ミンク」「ウール」はどちらも「衣料品にすることができる動物繊維」という点では共通していますが、毛を採取する動物の種類が異なっています。

「ミンク」というのは、「食肉目イタチ科ミンク属に分類されているアメリカミンク」「その動物繊維でつくった最高級の保温性が高い毛皮」のことを意味しています。

ミンクに対して「ウール」のほうは、「羊の毛を原材料とする動物繊維や羊毛でつくった毛織物(ヤギ・ウサギなどの毛でつくった毛織物)」を意味しているという違いを指摘できます。

まとめ

「ミンク」「ウール」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ミンク」とは「食肉目イタチ科ミンク属に分類される哺乳類(アメリカミンク)やその毛を原料とした最高級の毛皮」を意味していて、「ウール」「羊毛を原料とする動物繊維」「ヤギ以外のヤギ・ウサギの毛を原料とする動物繊維も含めた毛織物の総称」を意味している違いがあります。

「ミンク」「ウール」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典