スポンサーリンク

「ミーティング」と「打ち合わせ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミーティング」と「打ち合わせ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ミーティング」「打ち合わせ」の違いを分かりやすく説明していきます。

似た印象を持つ2つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「ミーティング」とは?

「ミーティング」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ミーティング」は英語表記にすると「meeting」になります。

「ミーティング」には「比較的少人数の集会。

会合」
という意味があります。

例えば、重要な会議を前にして、会議に参加する同じ部署の人が集まって、数人で話し合いをすることがあるかもしれません。

このような様子を「会議の前にミーティングをする」と表現することができます。

バイト先で、スタッフが事前に集まって重要事項を確かめるとき、「スタッフミーティング」と呼ばれます。

また、少人数が集まって、話し合いをするための部屋を「ミーティングルーム」と呼ぶことがあります。

「打ち合わせ」とは?

「打ち合わせ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「打ち合わせ」「うちあわせ」と読みます。

「打ち合わせ」は、「前もって相談すること。

下相談」
という意味があります。

例えば、仕事の発注者と請け負う側の人が、仕事をする前に、お金に関して、作業に関して、期日に関して相談をする場を設定することがあります。

このような時「仕事の打ち合わせをする」と言います。

お互いの都合が合わず、電話で下相談をする場合は「電話で打ち合わせをする」と言います。

また「打ち合わせ」には「衣服の前身ごろの重なった部分」という意味や、「雅楽の打ち物だけの合奏」という意味もあります。

「ミーティング」と「打ち合わせ」の違い

「ミーティング」「打ち合わせ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ミーティング」「打ち合わせ」もビジネスシーンで、頻繁に登場する言葉になります。

「ミーティング」には「比較的少人数の集会。

会合」
という意味があります。

一方の「打ち合わせ」には、「前もって相談すること。

下相談」
という意味があります。

少人数が集まって、話し合いをするという共通点がありますが、ニュアンスの違いがあります。

「ミーティング」は、「確認事項について話し合う場」と考えられているため、「確認の場」とされています。

一方の「打ち合わせ」は、「仕事や作業、金銭的な面などについて下相談する場」となるため、「相談の場」とされています。

このように、仕事や作業の前に、スタッフが確認事項などを確かめ合うときは「ミーティング」と呼び、仕事に関連する相談がある場合は、「打ち合わせ」と呼ぶことができるでしょう。

まとめ

「ミーティング」「打ち合わせ」の違いについて見てきました。

2つの言葉はとてもよく似ています。

しかし「ミーティング」「確認の場」「打ち合わせ」「相談の場」という違いがありました。

ニュアンスの違いを知ることで、ビジネスシーンで2つの言葉を使いわけられるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典