スポンサーリンク

「ミートソース」と「ボロネーゼ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミートソース」と「ボロネーゼ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ミートソース」「ボロネーゼ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ミートソース」とは?

トマトピューレ・タマネギ・牛ひき肉・香辛料などを混ぜて煮込んだものです。

作り方を簡単に説明します。

まず、フライパンにサラダ油を熱し、塩・胡椒をふった牛ひき肉を炒めます。

そこに、トマトの水煮を加えて15分ほど煮込んで水けを飛ばします。

味をみて、足りなければ塩を加えます。

できあがったものは、パスタにのせて食べることが多いです。

パスタの上にソースをのせて出すスタイルが一般的で、店では混ぜた状態で出すことはあまりありません。

パスタ以外では、グラタン、ラザニア、ミートパイなどの料理にも活用できます。

「ミートソース」の使い方

トマト・ひき肉・タマネギなどの材料を煮込んだ料理を指して使用する言葉です。

「ボロネーゼ」とは?

ボローニャ風のという意味です。

ボローニャとは、イタリアの都市です。

日本で「ボロネーゼ」という場合は、ひき肉・タマネギやセロリなどの野菜・トマトを煮込んだ料理を指す場合が多いです。

作り方を簡単に説明します。

フライパンにサラダ油を熱し、牛ひき肉を炒めます。

牛ひき肉の色が変わってきたら、刻んだ野菜を加えて、さらに炒めます。

次にトマトの水煮、ワイン、塩を加えて煮込みます。

ある程度水分が飛んだら完成です。

この料理は、パスタと絡めて食べることが多いです。

上に乗せるだけでなく、絡めます。

その他にはラザニアにも使用されます。

「ボロネーゼ」の使い方

料理を指して使う言葉です。

ひき肉、トマト、タマネギなどを煮込んで作ります。

「ミートソース」と「ボロネーゼ」の違い

どちらの料理も材料が似ており、作り方も似ていますが違うものです。

まず、水分量が違います。

水分量が多いのは「トマトソース」です。

「ボロネーゼ」は、ややひき肉のそぼろ感があります。

味は「ミートソース」の方がやや甘いです。

使用する材料は似ていますが、「ボロネーゼ」はワインを使用するのに対し、「ミートソース」はワインは使用しません。

どちらもパスタと一緒に食べることが多いのですが、盛り付け方に違いがあります。

「ミートソース」は上に乗せて出すことが一般的で、「ボロネーゼ」はパスタに絡めます。

パスタ以外には、ラザニアに使用されることがあります。

この点はどちらも同じです。

「ミートソース」の例文

・『レトルトのミートソースを温める』

・『今日のミートソースはうまくできた』

・『ミートソースが服について落ちない』

・『肉の代わりに大豆ミートを使ってミートソースを作る』

「ボロネーゼ」の例文

・『飲食店でボロネーゼを食べる』

・『友達が作ったボロネーゼがおいしい』

・『始めてボロネーゼを作った』

・『料理教室でボロネーゼの作り方を習った』

まとめ

どちらの料理も見た目が似ており、食べ方も似ていますが、それぞれ違うものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典