スポンサーリンク

「メリット」と「ベネフィット」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メリット」と「ベネフィット」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マーケティングなどで商品を売る際には特徴や利点を出してアピールする必要があります。

そこで用いられる言葉には「メリット」「ベネフィット」があり、これらを複合的に使って商品をアピールするのが重要です。

この記事では、「メリット」「ベネフィット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「メリット」とは?

「メリット」とは利点や価値を示す言葉であり、しばしばいい点を意味するのが特徴です。

マーケティングなどでは商品のウリや優れた特徴を示す言葉であり、直接お客に対してアピールすることが可能です。

メリットは直接的なものもあれば間接的なものもありますが、見た目にも分かりやすく直ぐに効果が出るものが多いのが特徴です。

「メリット」の反対語は「デメリット」であり、こちらは欠点や短所を示す言葉です。

この「メリット」「デメリット」は良し悪しを表す言葉であり物事や事象に対して使うことが多いのですが、一般人に対する評価にはあまり使われません。

「ベネフィット」とは?

「ベネフィット」とは利益や恩恵を示す言葉であり、こちらはマーケティングなどでは商品を購入した後に得られる効果を意味するのが特徴です。

商品を購入した後は実際に使ってみて顧客は良し悪しを判断するのですが、この時に得られる利益や顧客満足度の高い効果が「ベネフィット」になります。

「ベネフィット」にはマーケティングの以外にも色々な意味があります。

保険や救済に対しての給付金や手当という意味や、慈善事業、慈善興業という意味もあります。

「ベネフィット」の類義語としては「プロフィット」という言葉があり、こちらは金銭的な儲けという意味があります。

「ベネフィット」は顧客満足度のように主観的な満足や効果という意味があり、この2つは全く異なる意味なので注意しましょう。

「メリット」と「ベネフィット」の違い

「メリット」は商品や事象が持っている利点や特徴であり、ウリや注目点としてアピールされることが多いのが特徴です。

見た目にも分かりやすいものが多く、CMなどでもこれをアピールすることで注目を引くことが可能です。

「ベネフィット」は該当する商品を購入した後に得られる利益や恩恵という意味があり、これは顧客満足度などに影響してきます。

「ベネフィット」は購入したことで得られる体験や変化など概念的なものも含みます。

「メリット」の例文

・『彼がリーダーになることは集団に取って非常にメリットが高いと判断した』

・『恋人関係になることのメリットは大きいが、デメリットも発生するので悩みどころですね』

「ベネフィット」の例文

・『商品購入後のベネフィットをアピールするために、会議が開かれた』

・『スマホのベネフィットは利便性だけではなく、色々なコミュニケーションのツールとして出会いが増えることである』

まとめ

「メリット」「ベネフィット」はマーケティングの用語として使われることが多く、また顧客の側としても購入する判断材料となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典