スポンサーリンク

「メロウな曲 」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メロウな曲 」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「メロウな曲」【めろうなきょく】の意味や使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「メロウな曲」とは?

「メロウな曲」【メロウなきょく】とは、大人がゆっくりと冷静に聴ける落ち着いた曲調の音楽を指します。

どこか柔らかく、ゆっくりなテンポで聴きやすい曲であり、目を閉じると耳から美しく奏でられた音が入ってくる音楽です。

繊細さと色気も感じられるなど、年配の人でも楽しく聴ける「メロウな曲」は一人でじっくり静かに聴いて、思い出を振り返り、耽るのも魅力的です。

メロウな気分に浸ることで優雅な時間が過ごせるようになるのもこの曲の醍醐味と言えます。

「メロウな曲」の概要

15世紀の中頃、柔らかく、熟れたという意味で使われていた言葉の「メロウ」には、軽く心地よさを感じるように酔った状態を表します。

そんな意味から転じて、「メロウな曲」と使われるようになり、豊かで甘さを感じるゆったりしたスローテンポな曲調に対してこのように呼ぶようになったわけです。

聴くとまったりした時間が過ごせるような曲や、夕暮れの美しい夕日を連想させるような幻想的な曲調は実に「メロウな曲」であり、芳醇な香りがしてくるような、円熟した魅力があるものを指します。

「メロウな曲」の使い方や使われ方

胸が激しく高鳴るような激しい曲ではなく、しっとりと落ち着いて聴ける曲を「メロウな曲だ」と感想を言うときに使われています。

男性であれば心から落ち着き、ストレスから解放されるように感じ、女性なら優しさに包まれるような美しい音色の曲を聴けば心地良い気分になれると思うとき「いいメロウな曲」と心から幸せな気持ちになれると言い表すわけです。

それだけ成熟し、人の気持ちを落ち着かせる素敵な音色である曲調を「メロウな気分になる曲だ」と幸せな気持ちを表しますし、昔の恋人を思い起こしては浸り、しんみりした気分になるのも「メロウな曲」であるわけです。

「メロウな曲」を使った例文(使用例)

・『今までにないメロウな曲に出合った私は、優雅な大人の時間を過ごすようになった』
・『メロウな曲を聴きながら飲む酒の味は格段にうまくなる』
・『私はメロウな曲をもっと楽しむため部屋の内装を大人の雰囲気に変えてみた』
「メロウな曲」と出合った人は、それまでにない曲調にハマり、大人の時間を過ごせるようになるわけです。

しっとりした曲調は、お酒の味を一段と美味しいものにする調味料の役割を果たす「メロウの曲」は部屋の雰囲気を落ち着いたものにするだけでよりしっとりと聴けるものになり、心地良く感じる曲になります。

まとめ

大人が聴けば仕事や人間付き合いからくる苛立ちを鎮め、気持ちを落ち着かせられるのが「メロウな曲」の魅力でもあり、そのような曲をこだわった内装の部屋で楽しみつつ昔の思い出に浸るのもよし、自分の時間を濃厚なものにして、優雅に過ごせる素敵な調味料になるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典