スポンサーリンク

「メンチカツ」と「ロースかつ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メンチカツ」と「ロースかつ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「メンチカツ」「ロースかつ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「メンチカツ」とは?

豚肉や牛肉のひき肉、みじん切りにしたタマネギ、塩、コショウなどの調味料を混ぜ合わせたものを、パン粉、小麦、卵の衣をつけて揚げた食べものです。

メンチにはひき肉という意味があります。

ミンチともいいます。

作り方を簡単に紹介します。

タマネギはみじん切りにします。

卵をよく溶きほぐし、小麦を加えてダマにならないように混ぜ合わせ、衣を作ります。

ボウルにひき肉・塩・コショウを入れて、粘りがでるまで手で混ぜます。

タマネギを入れてさらに混ぜ合わせます。

バットにパン粉を入れます。

先ほどのひき肉を小判型あるいは球形に成形し、先ほどの衣・パン粉の順に全体につけます。

170~180℃に熱した油の中に入れて揚げます。

衣がきつね色になったら取り出します。

このまま食べてもよいのですが、ソースをかけて食べることが多いです。

「メンチカツ」の使い方

ひき肉、タマネギ、塩、コショウなどを混ぜ合わせたものに、パン粉をつけて、油で揚げた料理を指して使用する言葉です。

「ロースかつ」とは?

豚ロースに薄力粉、卵、パン粉からなる衣をつけて油で揚げた食べものです。

この料理にはロースを使用します。

ロースは豚のものを使用するのが一般的です。

作り方を簡単に紹介します。

豚ロース肉は筋を取り、肉叩きあるいは包丁の背で叩きます。

叩くことで肉が柔らかくなります。

肉の厚さは均一になるようにします。

これに、塩・コショウをします。

この肉に、薄力粉、卵、パン粉の順に衣をつけます。

170℃ほどの油に入れて揚げます。

揚げ時間は5~6分ほどが目安です。

取り出して油を切ったら、食べやすい大きさに切ります。

このまま食べることもありますが、ソースをかけて食べることが多いです。

「ロースかつ」の使い方

豚ロース肉にパン粉をつけて揚げた料理を指して使用する言葉です。

ひき肉を使っている場合は、この名で呼びません。

「メンチカツ」と「ロースかつ」の違い

どちらも肉に衣をつけて揚げた料理なのですが、使用している肉に違いがあります。

「メンチカツ」はひき肉を使用します。

豚または牛のひき肉です。

ここにタマネギも加えます。

「ロースかつ」はひき肉ではなく、厚切りの肉を使用します。

豚のものを使用することが多いです。

タマネギなどの野菜は加えません。

「メンチカツ」の例文

・『飲食店でメンチカツを注文する』
・『メンチカツ入りのサンドイッチ』
・『メンチカツにはウスターソースをかけて食べる』
・『メンチカツ作りに挑戦する』

「ロースかつ」の例文

・『ロースかつをおいしく作ることができた』
・『ロースかつはカロリーが高そうだ』
・『ロースかつを購入する』
・『自宅でロースカツを作る』

まとめ

どちらの言葉も肉に衣をつけて揚げた料理を指しているのですが、使用している肉に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典