スポンサーリンク

「モチのロン」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「モチのロン」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「モチのロン」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「モチのロン」の意味

「もちろん」という言葉の意味のオヤジギャグ。

「モチのロン」の解説

「モチのロン」は、「もちろん」と同じ意味です。

「当然だ」「当たり前だ」という意味で、主に中高年のシニア層が使用するオヤジギャグです。

「もちろん」は感じで書くと「勿論」となり、「勿」には「してはいけない」「ない」という意味があります。

「論」「意見を交わす」「論じる」という意味で、この二つの漢字が合わさり、「いちいち説明しなくてもよい」という意味になりました。

昭和に流行した、麻雀の役が成立した時の掛け声でもある「ロン」「論」をかけて、「もち」「の」「ロン」と区切って使用されるようになりました。

「モチのロン」の使われ方

「モチのロン」の使われ方は、当然「もちろん」の意味として使われます。

ただし「もちろん」という言葉には「当然分かっています」という意味も含まれ失礼に当たる場合もありますので、目上の人に使用する場合は注意が必要です。

「モチのロン」は昭和時代に流行った言葉で「死語」に当たります。

そのため近年では若者が使用する事はあまりありません。

すでに「死語」であることを理解した上で、状況やその場の空気に合わせて使用するべきでしょう。

「モチのロン」の例文

「今日の飲み会が割り勘かだって?モチのロンだ」
「先輩!この仕事量一人で全部こなしたのですか?」「モチのロンさ」
「3次会に行くかどうかだって?モチのロンに決まっているじゃないか!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典