「モテない」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「モテない」

モテないというのは異性から人気がないという意味であり、特に異性から恋人として見てもらえない人をモテないといいます。

恋人がいない人を指すのではなく、恋人が欲しいにもかかわらず恋人がなかなかできない人を指すことが多いです。

「モテない」の意味

モテないという表現はモテるという表現の対義語になります。

モテるというのは異性から人気がある、異性から恋人として求められやすい、という意味を指しており、モテないというのはその対義語になるのです。

異性からは人気がないという事はモテないということになります。

「モテない」の言葉の使い方

モテないという表現は日常的に使う表現ですが、改まった場ではあまり使われません。

また、モテない張本人に対してこの言葉を使うと批判になってしまいますので気をつけたほうが良いでしょう。

噂話などでよく使われます。

「モテない」を使った例文・短文(解釈)

それならばモテないという表現を使った文章はどのようなものがあるのでしょうか。

ここではモテないという言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「モテない」の例文1

「うちの息子はなかなかモテなくて。 バレンタインデーで全然チョコレート持って帰ってこないのよ」

親からしてみると、息子がモテているかどうかという事はバレンタインデーのチョコレートの数で測るものかもしれませんね。

息子がいくつチョコレート思って帰ってくるか楽しみだというお母さんもいるのではないでしょうか。

その中で息子が全然チョコレートをもって帰ってないと「うちの息子はモテないのかしら」と思うかもしれません。

しかし、年頃の男の子の場合はチョコレートをもらっても母親には言わないこともあります。

母親が知らないだけで、息子さんは意外にもモテているかもしれませんよ。

「モテない」の例文2

「彼女は学生時代、全然モテなかったけれど、社会人になってからとても美人になってモテるようになった」

学生時代は全然モテなかったという人もいるかもしれませんね。

逆に学生時代はとてもモテていたにもかかわらず、社会人になった瞬間にも出なくなってなかなか結婚ができないという人もいるかもしれません。

学生時代に落ち着いていて服装もおしゃれではなく、あまり持てなかった、そもそも異性とはあまり交流がなかった、という人であったとしても、社会になれば話は別です。

学生時代にモテなかったからといって一生モテないとは限らないのです。

「モテない」の例文3

「うちの母親はかなりモテなかったらしい。 それでも結婚できたんだから私も大丈夫」

自分の親の恋愛事情は誰でも気になりますよね。

自分の親がどのようにしてであったのか、どのようにして恋に落ちたのか、関心があるという人もいるのではないでしょうか。

そのような中で自分の親が恋愛できたのだから、自分もきっと恋愛できる、と勝手に自分を慰める人もいるかもしれませんね。

もちろんそれは失礼な話なのですが、中には本当に「お父さんが結婚できたんだから」「お母さんが結婚できたんだから」と思う人もいるのではないでしょうか。

「モテない」の例文4

「あの人は大学時代に全然モテなかったのに、結婚はすごく早かった」

大学時代は全然モテず、周りから「結婚が遅そう」と思われていた人に限って以外に結婚が早かった、という人もいるのではないでしょうか。

学生時代の恋愛と社会人になってからの恋愛は異なります。

そのため、学生時代は全然モテなかったとしても、いざ社会人になってからモテた、すぐに結婚相手が見つかった、という事は珍しく無いのです。

焦らずに良い人を見つけたいものですね。

焦ってしまうと良い人は見つかりませんよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典