「モール型EC」と「自社EC」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「モール型EC」と「自社EC」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「モール型EC」「自社EC」の違いを分かりやすく説明していきます。

「モール型EC」とは?

「モール型EC」とは、「Amazon・楽天・ヤフーのような多くのショップ(事業者)を集めて出店・出品させ、一つの大きなショッピングモールを構築しているネット通販サイト(ECサイト)」のことを意味しています。

「モール型EC」「大きなショッピングモールに参加しているネット通販の事業者から、出店料・手数料・ロイヤルティなどを徴収するビジネスモデル」を持っています。

そのため、「モール型EC」を利用すると「集客しやすい・初心者でも簡単」というメリットがありますが、「出店出品の継続的なコスト+ロイヤルティの支払いが生じるデメリット」もあります。

「自社EC」とは?

「自社EC」とは、「自社で独自ドメインを取得して、(テナントではなく)自社だけのサイトとして独立して運営しているネット通販サイト(ECサイト)」のことを意味しています。

「自社EC」の設計・構築は一般的に「モール型ECに参加する方法」よりも手間・時間・技術力が必要になりますが、「自社の集客力・ブランド力」があれば商品が売れれば利益率が高いというメリットもあります。

「モール型EC」と「自社EC」の違い!

「モール型EC」「自社EC」の違いを、分かりやすく解説します。

「モール型EC」「自社EC」の根本的な違いは、「モール型EC」「たくさんのショップが集まってきている楽天・Amazonなどの巨大なショッピングモール型のネット通販サイト」を意味しているのに対して、「自社EC」のほうは「自社で立ち上げて独自ドメインを取得して運営している独立したネット通販サイト」を意味していることにあります。

「モール型EC」には「集客しやすい・初心者でも簡単にスタートできる・初めから信用がある」といったメリットがあり、「自社EC」には「利益率が高い・顧客のアクセス分析ができる・ブランディングできる」といったメリットがある違いも指摘できます。

また「モール型EC」「出店料・手数料・ロイヤルティがかかるデメリット」がありますが、「自社EC」にも「集客しづらくて実際の売上が上がるまで時間がかかるデメリット」がある違いもあります。

まとめ

「モール型EC」「自社EC」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「モール型EC」とは「Amazon・楽天のようにたくさんのショップが集まっていて、一つの大きなショッピングモールを構築しているネット通販サイト(ECサイト)」を意味していて、「自社EC」「自社で独自ドメインを取得し、サイトを構築して運営しているネット通販サイト(ECサイト)」を意味している違いがあります。

「モール型EC」「自社EC」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典