スポンサーリンク

「ユニコーン企業」と「ベンチャー企業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ユニコーン企業」と「ベンチャー企業」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ユニコーン企業」「ベンチャー企業」の違いを分かりやすく説明していきます。

ネット記事などで目にすることが多い、2つの言葉には、一体どのような違いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

「ユニコーン企業」とは?

「ユニコーン企業」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ユニコーン企業」は、「企業としての評価額が10億ドル以上で、非上場のベンチャー企業」のことを指します。

「ユニコーン」は、額に角が生えた馬のような生き物で、とても貴重で神秘的です。

「ユニコーン企業」は、投資を行う「ベンチャーキャピタル」から見ると、大きな利益をもたらすかもしれない可能性のある企業で、とても貴重な存在とみなされています。

現在は巨大な企業となった『フェイスブック社』や、『ツイッター社』なども、以前は「ユニコーン企業」でした。

このように、「ユニコーン企業」は、大化けが期待できる、投資家から見ると垂涎の企業ということになり、投資対象として注目されています。

「ベンチャー企業」とは?

「ベンチャー企業」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ベンチャー企業」は、産業構造の転換期に、これまでになかった分野や最先端での分野が登場し、新しいビジネスが生まれます。

そのような時代背景を受けて、独自の技術や、新しい製品によって急成長すると期待できる企業を指します。

一般的に創業から日がたっていない企業に対して使う言葉になります。

そのため、大手企業が、「ベンチャー企業」が手掛けるような新しい製品を生み出したとしても、「ベンチャー企業」とは扱われません。

時代によって最先端の企業は変わっていきますが、2000年代は、ITが最先端の分野として産業をリードするようになったため、ITやIT関連、SNSなどに関する創業間もない企業が「ベンチャー企業」と呼ばれる傾向があります。

「ユニコーン企業」と「ベンチャー企業」の違い

「ユニコーン企業」「ベンチャー企業」の違いを、分かりやすく解説します。

「ユニコーン企業」には、「企業としての評価額が10億ドル以上で、非上場のベンチャー企業」という意味があります。

一方の「ベンチャー企業」には、「新しいビジネスを手掛ける、創業から日がたっていない企業」という意味があると考えることができます。

このように「ベンチャー企業」の一つに、「ユニコーン企業」があります。

「ベンチャー企業」の中でも、さらに魅力的で、将来的に大化けが期待できると、投資家が判断した企業を「ユニコーン企業」と呼ぶということになります。

まとめ

「ユニコーン企業」「ベンチャー企業」の違いについて見てきました。

「ベンチャー企業」の中に「ユニコーン企業」があり、「評価額が10億ドル以上で非上場」という定義があります。

このように、「ユニコーン企業」「ベンチャー企業」は、意味が重なる部分がありますが、明確な意味の違いがあるため、混同しないで済むようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典