スポンサーリンク

「ユーモア」と「皮肉」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ユーモア」と「皮肉」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ユーモア」「皮肉」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ユーモア」とは?

「ユーモア」の意味と使い方について紹介します。

「ユーモア」の意味

「ユーモア」は、「人の心を和ませる様な、上品でオシャレな笑いのこと」です。

「ユーモア」の使い方

「ユーモア」は、人の気持ちやその場の雰囲気を和ませる様な、上品でオシャレな面白さのことを言います。

人をけなしたり馬鹿にしたり、滑稽な動きをして大笑いさせるのではなく、「自分でも思い当たる」「おしゃれで楽しい」「ひねりがある」などで、くすりと笑える面白さのことです。

人を傷つけたり非難する内容ではなく、誰もが心地良いと思える笑いにに対して使います。

「ユーモア」は英語の“humor”が日本語化した言葉で、海外ではビジネスをスムーズにする為に「ユーモアのセンス(a sense of humor)」は重要なスキルの一つとされています。

「皮肉」とは?

「皮肉」の意味と使い方について紹介します。

「皮肉」の意味

「皮肉」「ひにく」と読みます。

意味は「皮と肉」「うわべだけのこと」「遠まわしに相手に意地悪なことを言ったり、非難すること」「期待しているのとは違う結果になること」です。

「皮肉」の使い方

「皮肉」は、日常で使う時には以下の2つの意味になります。

1つ目は「相手の欠点やコンプレックスを、遠まわしで非難したりからかったりすること」という意味で、相手が気にしていることを、人前でわざとほめる様な言い回しで強調することを言います。

直接「あなたはミスが多いですね」と言うのではなく、「毎日盛りだくさんでご精が出ますね」などと、本人にしか分からない遠まわしな言い方をします。

2つ目は「期待しているのとは違う結果になること」という意味で、「皮肉なことに」などと言います。

こちらは良い意味、悪い意味どちらにも使います。

「ユーモア」と「皮肉」の違い!

「ユーモア」「人の心を和ませる様な、上品でオシャレな笑いのこと」です。

「皮肉」「遠まわしに相手に意地悪なことを言ったり、非難すること」「期待しているのとは違う結果になること」です。

まとめ

今回は「ユーモア」「皮肉」の違いをお伝えしました。

「ユーモアは人間関係を良くする笑い」「皮肉は遠まわしな悪口」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典