スポンサーリンク

「ライフハック」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ライフハック」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ライフハック」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ライフハック」とは?意味

「ライフハック」とは英語表記では「Life Hack」で、「情報処理業界において、効率的に仕事を行うテクニック(仕事術)」を指す言葉です。

最近では、そこから転じて一般的な仕事に対しても「仕事の生産性を高めたり、スキルアップできる内容」を指したり、さらに「人生を豊かにするための方法」についても、この「ライフハック」という言葉が使われています。

「ライフハック」の概要

「ライフハック」「ライフ」「人生」の意味で、「ハック」は意訳すると「術」を意味します。

ここから「ライフハック」とは「人生術」となりますが、次に説明するこの言葉が使われた起源から、「仕事術」を意味する言葉として、最近になって逆に元々の言葉の意味にも拡大使用されるようになったものです。

この「ライフハック」の言葉は、2004年に米国のテクニカルライターのダニー・オブライエンが「仕事の質や効率、高い生産性を上げるための工夫」と言う意味で提唱し、情報産業に携わるプログラマーや技術者の間で、主に使われるようになった言葉です。

具体的には、アプリケーションソフトやデジタル機器を効率良く使いこなすための、ちょっとしたコツやテクニックを始めとし、業務目標の設定に至る、いわゆる仕事術を指す言葉として定着し、そこからさらに広く生活術を指す言葉にカタカナ語として定着したものです。

現在では、「仕事術」「生活術」と言った、まとまった手法などではなく、「換気扇掃除の手軽な方法」「パソコンで疲れた目を1分で回復させ方法」といったちょっとした知恵も、SNS等で「ライフハック」情報として個人が発信するケースも増えています。

「ライフハック」の言葉の使い方や使われ方

「ライフハック」の言葉は、以下の例の様に使われます。

・『 パソコンに詳しい先輩から教えてもらった、パワーポイントに関するライフハックにより、プレゼン資料の作成が早期に終わった』
・『従来から仕事術に関する書籍は多数出版されていましたが、最近ではタイトルにライフハックを使ったものが増えています。やはり流行の言葉を使うと売り上げがアップのするのでしょうかね』
・『年末で大掃除をする人が増えることから、多くの雑誌が大掃除のライフハック特集を組んでいる』

「ライフハック」の類語や言いかえ

「ライフハック」は、元々の意味である「仕事術」と言い換える事が出来ます。

また、ちょっとした知恵を意味する「豆知識」「裏技」なども類語として使えます。

まとめ

「ライフハック」とは、元々は「情報処理業界において、効率的に仕事を行うテクニック(仕事術)」を指す言葉として使われ始めたものです。

そこから転じて広く「仕事の生産性を高めたり、スキルアップできる内容」を指すようになり、さらに「人生を豊かにするための方法」を指す意味でも使われるようになった言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典