スポンサーリンク

「ラウンジ」と「クラブ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ラウンジ」と「クラブ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ラウンジとクラブの違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ラウンジとは?

ラウンジとは、女性従業員が客にお酒を提供して会話を楽しむ店のことを指します。

客が入店してきたとき、ボックスシートに1対1で座るか、1人の客に対して数人の従業員がつき、接待する場合もあります。

従業員をどの客へつかせるかはチーママが決めます。

チーママは客と従業員の補佐的な仕事をしてその場の雰囲気を盛り上げたり、注文を聞き、ボーイに頼む御用聞きをするのも特徴的です。

座席はソファーでゆったりと座れるのが特徴的で、全体的にモダンで静かに会話できる店を意味しています。

元々はホテルや空港などの待合場所を指す言葉ですが、そのような場所には一人でゆっくりと座って待ち合わせができるソファが置いてあり、客は寛げるためそのいいところを採用して、男性と女性がゆっくりお酒を飲みながら会話を楽しめる場所にしたのです。

高級なラウンジに訪れる客は落ち着いた内装のラウンジを好んで来るため、働く女性従業員もワンランク上の容姿と知識を持つ人ばかりです。

そのため、価格が全体的に高い店が多く、客層はお金のある中高年が多いのも特徴的です。

また、スナックのような軽食を食べながら話して、カラオケで女性とデュエットすることもできるのがラウンジの楽しさでもあります。

クラブとは?

クラブとは、同じ趣味や興味を共有する場所を指します。

音楽が好きであれば夕方から開くクラブで会話したり、踊って楽しみます。

男女がペアで社交ダンスクラブに入り、踊りの練習します。

他にもスポーツや文芸、歴史などクラブには様々な種類があり、より自分好みの分野を追求して楽しめるわけです。

日本でも浸透しているクラブという言葉が出始めたのは16世紀のイギリスで、「フライデー通り」にあった店をクラブと言い、客にコーヒーを提供していました。

話す内容は趣味や流行の話をして、美味しいコーヒーを飲むのがクラブのスタイルでした。

その後、労働時間が短くなったことで労働者が仕事の帰りにクラブに寄り、楽しむ人が増えたことで世界にも広まっていきます。

ゴルフクラブは会員資格が厳しく費用も高くなります。

また、登録する人は収入が一般の会社員よりも多い医師や公認会計士などが利用している高級クラブもあります。

スポーツクラブでは野外で運動がしたい人が集い、体を動かして汗を流し、楽しむわけです。

夜だけ営業する店はナイトクラブと呼び、格安な料金で女性と会話できるのが特徴的。

女性にコスプレを着させて踊らせたり、会話するなど自由なスタイルで遊べる店が多いのも特徴的です。

日本では風俗営業法上でナイトクラブとキャバレーは区別され、クラブとディスコは別物になっています。

ラウンジとクラブの違い

ラウンジとクラブの違いを、分かりやすく解説します。

落ち着いた内装の店内で落ち着いて高級なお酒を飲みながら女性従業員と会話ができる店はラウンジと呼び、一方のクラブは立ち飲みや自分の好きな場所に座りながら趣味の話を楽しむという違いがあります。

また、ソファに座り、チーママが客を見て座らせる女性従業員と会話させる相手を決めるのがラウンジの特徴で、クラブでは自分から会話したい相手を選んで話をするという違いも見られます。

まとめ

お酒を飲みながら話し上手な女性と会話を楽しむためにラウンジへ行き、クラブは自由な形式で安いお酒を飲み、友達を作ったり、仲間を増やせる場所です。

この2種類のお店がどのようなところか気になる人は、安くお酒が飲めるクラブで会話の練習して、お金が貯まったときにラウンジへ行ってみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典