スポンサーリンク

「ラベル」と「タグ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ラベル」と「タグ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ラベル」「タグ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ラベル」(label)とは?

商標・品名・分類記号・宛先などを表示するために品物や容器などに貼る紙片を言います。

同じ表記で(label)「レーベル」と呼ぶ場合もあります。

レーベルは、レコードの中央部に曲名や演奏者などを記してはる円形の紙です。

そこからレコードの制作・販売にあたる会社やブランド名を意味します。

「ラベル」と似ている意味に「レッテル」があります。

「レッテル」には、商品名、発売元、内容などを表示して商品にはりつける紙の札という意味があり「letter」と表記されるオランダ語が由来となった言葉です。

「レッテル」自体の使い方より、今は、「レッテルを貼る」という言葉を日常生活で使います。

「レッテルを貼る」は特定の人、集団などに一方的、断定的に評価をつけることを意味する表現です。

マイナスイメージの評価がなされたものに対して使われています。

例文:「卑怯者のレッテルを貼られた」

「タグ」とは?

タグ「tag」は、 付け札。

商品に下げる値札を意味します。

値札「ねふだ」とは、商品につける、値段を書いたふだのことを言います。

「タグ」を使用した言葉は日常に溢れています。

「ICタグ」
「ICタグ」(アイシータグ)は小さな無線ICチップ。

商品に貼付し、電波の送受信により、商品の識別、管理などに利用されます。

バーコードよりも多くの情報を記録できるのが特徴です。

「ハッシュタグ」
「ハッシュタグ」とは、SNSにおいて特定のテーマについての投稿を検索して一覧に表示されるようにするための機能を指す言葉です。

「#」(ハッシュ記号)に言葉を続けることでその言葉の情報を集めている人にとって認知されやすくなる特徴があります。

例えば、#チョコレートと書けば、チョコレートが好きな人、情報が欲しい人に認知される投稿になります。

複数のハッシュタグを利用することで、多くの人閲覧が得られると言われています。

「ラベル」と「タグ」の違い

「ラベル」「タグ」の違いを、分かりやすく解説します。

ラベル:商標や品名などを表示するために品物や容器などに貼る紙ものに貼り付いている。

一般的に、「ラベル」は対象の「個性」「情報」を主に表します。

タグ:荷札や商品に下げる商品名や商品内容に関することが書かれている札。

「タグ」はハッシュタグからもわかるように、「識別のための情報」を表してます。

まとめ

今回は、「ラベル」「タグ」の違いを説明しました。

ラベル:商標や品名などを表示するために品物や容器などに貼る紙ものに貼り付いている。

「ラベル」は、品物の「個性」「情報」を主に表す。

タグ:荷札や商品に下げる商品名や商品内容に関することが書かれている札 ・「タグ」は識別のための情報を表す。

という違いがあります。

2つの言葉の違いを知って、仕事や日常会話に活かしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典