「ランタン」と「カンテラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ランタン」と「カンテラ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ランタン」「カンテラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ランタン」とは?

「ランタン」とは、角灯、ちょうちんのことです。

角灯は、ブリキなどで枠を作り、そこにガラスをはめ込んで四面をおおった灯火のことです。

ちょうちんは、木の枠や籠に紙を張ったものでしたが、のちに折りたためる形になりました。

中にろうそくを立てて灯し、明り取りのために持ち歩いたり、標識として備え付けたりして使用をします。

形がいくつかあり、小田原提灯や箱提灯といった種類が存在します。

「カンテラ」とは?

「カンテラ」は手提げ用の石油ランプのことです。

ブリキや銅などで作った筒状や土瓶型の容器に石油を入れ、綿糸を芯にして火をともします。

側面はガラス製です。

ガラスで覆われているため、強い風が吹いても火が消えにくくなっています。

「ランタン」と「カンテラ」の違い

「ランタン」「カンテラ」も、明かりをとるために使用するものですが、形状が異なります。

「ランタン」は角灯やちょうちんのことです。

角灯はブリキなどが枠になっており、形状は四面です。

ちょうちんは木や竹ひごなどが枠になっており、紙で覆われて、円筒状などの形状があります。

「カンテラ」は筒状や土瓶型をしています。

石油を使用して明かりをとります。

まとめ

「ランタン」「カンテラ」はどちらも照明の一種ですが、形状が異なるものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典