スポンサーリンク

「ランタン」と「ランプ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ランタン」と「ランプ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

火を使った明かりは人間が作りだした発明として生活を豊かにしました。

色々な照明が発明されてオシャレなものも多くありますが、レトロで人気のものとしては「ランタン」「ランプ」があります。

この記事では、「ランタン」「ランプ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ランタン」とは?

「ランタン」とは持ち運びができる照明器具であり、主にガラス容器で炎や電気をカバーしてあるのが特徴です。

電気が発明される前は主に麻や綿を使い灯油を浸したものを明かりとして使っており、火の揺らめきやレトロなデザイン性が特徴的なことから最近ではオシャレなアイテムとして人気があります。

「ランタン」は携行性を持っているのが特徴であり、アウトドアでもよく使われるアイテムです。

例えばキャンプや探検などでは色々な用途に使うことが可能であり、休憩時から暗い場所の探索まで幅広く活躍します。

ファンタジーの世界で冒険者が持っているのも「ランタン」であり、携帯性の高さから冒険者には必須のアイテムとして有名です。

最近の「ランタン」は電気式のものやLED式のものが多く、より安全に使うことが可能です。

「ランプ」とは?

「ランプ」とは発光または照明する器具を表す言葉であり、こちらも燃料を用いたものから電気を使ったものまで色々な種類があります。

「ランプ」は主に室内で使うことが多く、持ち運びができる小型サイズのものもありますがアウトドア用として作られているものは多くありません。

「ランプ」も電気が発明される前は油と灯心を使ったものがメジャーでした。

電気が発明されると様々な「電気ランプ」が作られましたが、特に「ガスランプ」「蛍光ランプ(蛍光灯)」「水銀ランプ(水銀灯)」は多くの国で普及しており、夜の暗闇を文明で克服した照明なのです。

「ランタン」と「ランプ」の違い

「ランタン」「ランプ」も基本的には中心にある明かりをガラスなどで囲ったものであり、色々な種類があり暗闇を照らしてくれる発明です。

「ランタン」は携行性が高いことからアウトドアでも使うことが可能ですが、「ランプ」は基本的に固定されて使われたり室内で使うものとなっています。

「ランタン」の例文

・『勇者はランタンに火をつけてダンジョンへ入っていった』
・『アウトドアでも使えるランタンが気に入っており、最近は室内でも使っています』

「ランプ」の例文

・『古くなったランプを掃除して火をつけてみたが、今でもしっかりと火がついて驚いた』
・『アンティークのランプを探しており、ようやくお目当てのものが見つかりました』

まとめ

人間は遥か昔に神様から火を授かったと言われていますが、これを使い多くの照明を作り夜の闇を克服してきました。

「ランタン」「ランプ」は小さいながらもしっかりと明かりを照らしてくれるものとして、今日でも人気があるアイテムです。

電気式やLED式のものは燃料を使わないのでより安全に使えることもあり、こちらも人気があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典