「ラーメン」と「つけ麺」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ラーメン」と「つけ麺」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ラーメン」「つけ麺」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ラーメン」とは?

「ラーメン」の意味と概要について紹介します。

「ラーメン」の意味

「ラーメン」は、「中華味のスープに麺が浸っている料理のこと」です。

「ラーメン」の概要

「ラーメン」は、「中華味のスープに、麺とチャーシュー、メンマ、ネギや味付け卵などを乗せた料理のこと」を言います。

スープがたっぷりとあり、麺が浸っているのが特徴です。

本来は縮れ麺でしたが、最近ではバリエーションが増えて、太目、中細、細めの麺があり、小麦の種類だけではなく水にもこだわるお店が増えています。

スープの味も醤油、塩、味噌、豚骨の他に、オリジナルの味が人気のお店もあります。

麺にスープをからませて、すする様に食べるのが一般的です。

「つけ麺」とは?

「つけ麺」の意味と概要について紹介します。

「つけ麺」の意味

「つけ麺」「つけめん」と読みます。

意味は、「麺とスープが別々になっている料理のこと」です。

「つけ麺」の概要

「つけ麺」は、麺とスープが別々になっていて、自分で麺をすくい、スープに浸してから食べる料理のことを云います。

麺のこしや風味を感じやすく、スープに浸っていない分麺が伸びずに済みます。

また、スープを飲まずに済むのでどんぶり一杯食べられない女性にも人気があります。

基本的に冷たい麺と熱いつけ汁が出てくるのですが、中にはどちらもアツアツの「あつもり」という食べ方もあります。

「ラーメン」と「つけ麺」の違い!

「ラーメン」「中華味のスープに麺を入れ、チャーシューやメンマなどの具を乗せて食べる料理」です。

「つけ麺」「麺とスープが別々になっていて、適量ずつスープに麺をつけて食べる料理」です。

まとめ

今回は「ラーメン」「つけ麺」の違いをお伝えしました。

「ラーメンはスープに浸っている」「つけ麺は麺とスープが別々」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典